カワサキ 250TR 1970 強力な加速力が魅力!

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

カワサキ初の250cc・2ストロークオフロードモデル。
1970年6月にデビュー。

 

 

カワサキ 250TR 1970

 

カワサキ 250TR 1970年
空冷2サイクル・ロータリディスクバルブ単気筒
排気量:246cc
最大出力:23.5ps/6,800rpm
最大トルク:2.64kg-m/6,000rpm
重量:123kg
最高速:130km
0-400:--.-秒
タイヤ:F3.25-19 R4.00-18
価格\195,000

 

 

カワサキ初の250cc・2ストロークオフロードモデル。

 

空冷2スト単気筒エンジンは、

 

ロータリーディスクバルブを採用し、

 

ライバルであるDT-1を大きく上回る最高出力23.5psを発揮し、

 

パワフルな走りが味わえました。

 

 

フォークのボトムケースを前後反転して、

 

トレール量を変えられた機構もユニークでした。





カワサキ250TR 強烈な加速力

 

125TR"ボブキャット"、

 

350TR“ビッグホーン”と、

 

強力なトレール車をラインナップするカワサキの

 

主力トレール・モデルでした。

 

 

スターターレバーを持ち、軽いキック力で確実に始動しました。

 

23.5psのクラス最強の出力で、

 

350TRと共通の車体を

 

強烈な加速力で引っ張ってくれました。

カワサキ250TR カウンター走行には不向き

 

バイブレーションも少なく、

 

スムーズな回転の上昇を見せるエンジンは、

 

フラット・トルクで扱い易く、

 

アクセルにも忠実に反応しました。

 

 

トレール車としては、

 

幾分狭めのハンドルはやや重く、

 

カウンター走法には不向きでした。

 

 

キャスター/トレールは三段階に調整可能でした。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング