カワサキ 750SS マッハⅣ 当時世界最高のモンスターマシン

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

カワサキ 750SS マッハⅣ

 

500、350に続くマッハシリーズの第3弾。

 

 

排気量が大きい分、

 

低中回転では500よりも

 

穏やかな特性を見せていましたが、

 

4000回転を過ぎてからの加速は凄まじく、

 

フロントにはシリーズ初のディスクブレーキを搭載しました。

 

 

 

最高速203km/h、

 

ゼロヨン12秒という

 

当時世界最速の性能を持った

 

モンスターマシンでした。




カワサキ 750SS マッハⅣ

 

カワサキ 750SS マッハⅣ

 

1971年10月発売

 

 

エンジン:空冷2サイクル・ピストンバルブ並列3気筒

 

ボア・ストローク 71mm×63mm

 

排気量:748cc

 

最大出力:74ps/6,800rpm

 

最大トルク:7.9kg-m/6,500rpm

 

重量:192kg

 

最高速:203km

 

0-400:12.0秒

 

始動:キック 前進5段

 

タイヤ:F3.25-19 R4.00-18

 

価格\365,000

 

 

 

 

グラフィックの変更と

 

メッキフェンダーが

 

採用された

 

マイナーチェンジ・モデル。

 

 

国内向けには最終型で、

 

輸出向けは75年まで生産されました。

 

 

圧倒的な出力と斬新なフォルムを

 

築いた“マッハシリーズ”の

 

頂点に立つモデルだけに、

 

シリーズそのものの行く末に

 

懸念の声も上がっていました。

 

 

 

既にDOHC4サイクル4気筒(Z1/1972年6月)は、

 

海外でその産声を上げ、

 

国内では“ゼッツー(750RS-Z2、1973年2月)が、

 

大反響を巻き起こしていた頃でもありました。

 

 

 

登場したときはどんなに注目を浴びても、

 

いつかは飽きられ忘れられます。

 

その時どんなに時代を

 

席巻してもいつかは終わりが来ます。

 

 

 

2ストの大排気量の

 

マッハシリーズも

 

その終焉が迫っていたのです。

 



 

恐竜時代、

 

圧倒的な存在感を誇っていた

 

ティラノサウルス・レックスが

 

絶滅したように、

 

マッハシリーズの終焉は、

 

そんな事を連想させますね。

 

 

 

その後、2ストのオートバイは、

 

250cc中心にコンパクトな方向に

 

進化をすることになりました。

 

 

なんか恐竜時代が終わって、

 

より効率のよい生物としての

 

鳥類として進化したことと

 

ダブってしまうなぁ。

 

 

 

マッハシリーズは、

 

いろんな事を想像させる

 

ロマン溢れたモーターサイクルでした。

 



  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング