カワサキAR125 1983 GPマシンKRのテクノロジーのライトスポーツ

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

GPマシンKRのテクノロジーを

 

投入されたライトスポーツ。

 

 

ロータリーバルブとリードバルブを併用し、

 

クラス初のサーモスタットも装備しています。

 




カワサキAR125 1983のプロフィール

 

カワサキAR125

 

1983年

 

エンジン:水冷2サイクルロータリーリードバルブ単気筒
排気量:123cc
ボア&ストローク:55×51.8mm
圧縮比:7.0
最高出力:22ps/9,500rpm
最大トルク:1.70kg-m/8,500rpm
車両重量:98kg
タイヤ:F2.75-18 R3.00-18
価格:¥258,000

 

 

 

吸気方式を"R.R.I.S"(ロータリー&リードバルブ・インテーク・システム)とした、

カワサキとしては国内初の水冷のパワーユニットを採用したモデルです。

 

ロータリーバルブのポート両側にリードバルブを配したパワーポートを設けて、

6,000rpm以下ではロータリーバルブから、

6,000rpm以上ではパワーポートから吸入するシステム。

 

クラス初のサーモスタット付きの水冷ユニットは、

ライバルのホンダMBX125Fと同じ22psと最強の数値を発生する。

 



カワサキAR125 1983のポテンシャル

 

スピードはフルスケールの140km/hをクリアしました。

 

リアのサスペンションは、ニュータイプのボトムリンク式のユニトラックサス。
スプリングイニシャルは5段階に調整を可能としています。

 

出力特性は、ヤマハRZ125の様なピーキィーな印象はなく、

どの回転域からも必要なパワーが得られる、と言った印象でした。



カワサキAR125 1983 出来すぎたマシン

 

街中では十分に活かされる特性も、サーキットレベルでは有利とは言い切れない。
必要回転域までの到達のタイミングが、ややダルな印象となります。

 

6,000rpm以上では確かにパワーの盛り上がりを感じるますが、
中速域からのつながりが1テンポ遅れる傾向でした。

 

カワサキ特有のロータリーディスクバルブ。

 

WGPのKR250/350のノウハウを活かす、更に発展させたシステムでしたが、
逆に出来すぎた感も否めないモデルでした。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング