カワサキGPZ250 1983 GPZシリーズの末弟 空冷エンジンの真髄

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

カワサキGPZシリーズの末弟GPZ250は、

ベルトドライブを採用して

メンテナンスフリーをうたった
ストリートモデルでした。

 

250FT系のエンジンを
リファインし
6psのアップが
図られていました。

 

このGPZ250は、単に400ccのおさがりではなく、
エンジンは徹底的に改良され、車両関係は申請設計でした。

まさに、カワサキのオートバイ作りの真髄を見るマシンでした。




カワサキGPZ250のプロフィール

 

カワサキGPZ250

1983年

 

空冷4サイクルSOHC2気筒
248cc
ボア・ストローク55mm×52.4mm
圧縮比:10.0
33PS/10,500rpm
2.30kg-m/9,500rpm
146kg
始動セル
前進6速
F90/90-18 R110/80-18
\370,000

 

 

Zシリーズの終焉と共にカワサキは、

新時代の幕開けをGPZシリーズで迎えることになりました。

 

Z1のデビュー(1972年5月)から丸10年が経過していました。

 

GPZシリーズはこの年(1983年)、

1100を筆頭に750/400/250が揃ってラインナップされました。

 

更に翌年には大本命のGPZ900R/750Rの水冷シリーズが準備され、

新体制への弾みをつける年となりました。

カワサキGPZ250 エンジンの徹底的改良

 

GPZ250は、Z250FTと共通のサイズのボア&ストロークを継承しながらも、

燃焼効率の向上化を図り全面的に見直しました。

 

吸排気系の効率の向上と共に、
バルブの挟み角の変更。

シリンダーヘッドの形状変更。

 

また、出力向上による対策として冷却フィンの拡大、

その他、ピストンヘッド、ピストンピンに

至るまで徹底的に改良を施しました。

 



カワサキGPZ250 車体の徹底的改良

 

GPZ250は、車体関係も全くの新設計でした。

 

リアにはニュータイプのボトムリンク式ユニトラック・サス。

 

更に駆動にはベルトドライブが与えられました。

 

DOHCや水冷と言ったメカニズム全盛期に、
ユーザーとしては、空冷SOHC-2バルブは

はなはだ頼りなさを感じたかもしれません。

 

しかし、これがカワサキの神髄だったのです。

 

※画像はイメージです

 

まとめ

 

カワサキGPZ250は、

見てくればかりでユーザーの目を奪うのではなく、
徹底した技術開発を図りながら、

次のステップボードとしたのです。

 

GPZシリーズには、

空冷最強のパフォーマンスが与えられていたのです。

 

これが、カワサキのオートバイ作りの真髄でした。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング