カワサキGPZ400F 1983 水冷時代にあえて空冷で勝負 魂のマシン

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

カワサキGPZ400Fは、

空冷DOHC-2バルブ並列4気筒という

 

ベーシックなパワーユニットで、

 

水冷時代にチャレンジした

 

※画像はイメージです

 

カワサキスピリッツを

 

ひしひしと感じさせるモデルでした。




カワサキGPZ400F 1983 プロフィール

 

カワサキGPZ400F
1983年

 

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:399cc
ボア&ストローク:55×42mm
圧縮比:9.7
最高出力:51PS/11,500rpm
最大トルク:3.50kg-m/9,500rpm
車両重量:178kg
タイヤ:F100/90-18 R110/90-18
価格:\515,000

 

 

Z400GP(1982年3月)にそっくりの外観を見せるパワーユニットも、

より高回転・高出力化を図り、従来よりもショートストローク(52×47→55×42mm)としました。

 

カムシャフトやキャブレター、ピストンやエキゾーストポートといった、

吸排気系の全面的な見直しを図られました。

 

結果、Z400GPの48ps/10,500rpmから

3psアップの51ps/11,500rpmの数値を稼ぎ出しました。

カワサキGPZ400F 1983 エンジン特性

カワサキGPZ400Fは、非常にピックアップの良い軽快な回転フィーリングで、

水冷へのこだわりを一切感じさせませんでした。

 

しかも実際には、高められた数値以上の出力特性が体感できるモデルでした。

 

12,500rpmを過ぎても上昇を続けるレブカウンターには、

12,700rpmで2気筒のスパークをカットするオーバーランリミッターも

装備しているほどよく回るエンジンでした。


カワサキGPZ400F 1983 車体特性

GPZ400Fは、キャストホイールの軽量化やボトムリンクの

ニュータイプのユニトラック・サスの採用で、柔軟性を増した足回りは、

最新の16インチ車にも匹敵する動力性能を持ち、

その上はるかに操縦しやすいマシンでした。

 

油圧式としたカワサキ初のアンチノーズダイブは、

他社との比較を十分に成された上での採用となり、

ハイレベルな設定の仕上がりとなっていました。

 

リアのスプリング調整は、右サイドカバー内に

装備されたリモコンボックスで行いました。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング