カワサキZ1100GP 新たな旗艦スポーツモデルとして登場

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

新たなカワサキのフラッグシップスポーツとして登場。

 

Z1000J系のエンジンをベースに

 

ボアを広げて排気量をアップした上に、

 

量産車として初のフューエルインジェクションを採用。

 

 

キャブレター仕様では真似のできない

スロットルレスポンスを実現しました。

 




カワサキZ1100GP プロフィールとポテンシャル

 

カワサキZ1100GP
1981年

 

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:1089cc
ボア&ストローク:72.5×66mm
最大出力:108ps/8,500rpm
最大トルク:9.8kg-m/7,000rpm
重量:237.3kg
タイヤ:3.25-18・4.25-18
輸出車

 

 

国内向けのZ750GP/400GPに先立ち、

輸出向けにデビューさせたモデルです。

 

コンピューター制御のフューエルインジェクションを装備。

 

欧州向けには100ps規制に適合させ、

北米向けにフルパワーの108ps/8500rpm仕様がリリースされました。

 

ベースモデルとなったのは、Z1000-J1(1981年モデル)。

 

黒塗りのクランクケースカバーにブラックマフラーを与え、

ワイルドな印象を作り出しています。

 

 



カワサキZ1100GP フラットな出力特性が印象のマシン

 

インジェクションの効果かスムーズな加速感が得られるマシンでした。

 

ビッグパワーが発揮される中速から高速にかけて、

突発的な変化のないフラットな出力特性が印象的。

 

ビッグパワーのモデルは、アクセルコントロールに

パワーユニットがシビアに反応するため、

一定スピードに保つような場面では、困難が付きまとうものです。

 

しかし、このモデルに関しては、

インジェクションが有効に働いてくれます。

 

そのため発信時のクラッチミートにも神経を使うことはありません。

 

ただ、2000~3000rpmを多用する市街地では

ビッグマシン故のギクシャク感は表れてしまいます。

 

サスペンションは低速でソフトに、

高速ではハードにプログレッシブに反応し、

 

リアの2本サスもユニトラックに比べ、遜色ないものでした。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング