カワサキZ400FX-E1 1979 400マルチ復活で空前のヒットモデル

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

1977年にCB400FOURが姿を消して以来、

400cc4気筒を望む声は根強くありました。

そのニーズに応えたのがZ400FXでした。

 

直線基調の大柄なボディに
クラス唯一のDOHCマルチの搭載で
空前のヒットモデルとなったのです。

 

43psを発揮するエンジン特性は、
素直なハンドリング特性との相性も良く、
市街地からワインディングまで走りを楽しめました。




カワサキZ400FX-E1 1979 プロフィール

 

カワサキZ400FX-E1 1979年モデル

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:399cc
ボア&ストローク:52mm×47mm
圧縮比:9.5
最大出力:43ps/9,500rpm
最大トルク:3.5kg-m/7,500rpm
点火方式:バッテリー
始動方式:セル
ミッション:6速
車重:189kg
タイヤF3.25-19 R3.75-18
燃費:30km/L
価格:\385,000

 

 

フェックスの愛称で親しまれた
衝撃的なマシンでした。

 

国内販売を1979年4月として
一足先に、海外向けにZ500をデビューさせ、
国内市場に煽りを添えていました。

 

'76年モデルを最期に
400ccクラス唯一のマルチとして
人気を馳せたCB400FPURの撤退から久々の
最新の機構を搭載した400マルチのデビューでした。

 

Z400FXのデビューは
多くの話題を提供して空前のヒット作となりました。



カワサキZ400FX-E1のパフォーマンス

 

Z400FXは、クラス初のDOHC4気筒を搭載、
その軽快なパフォーマンスと共に、
カワサキ特有の重厚な車体作りが受けていました。

 

この頃のカワサキは、
2サイクルを見放したかのように
4サイクルモデルの製作に邁進していました。

 

ヨーロッパ市場において、確固たる地位を築いたのもこの時期でした。

 

"マッハ"の印象を強烈なインパクトを残し、
ハイパフォーマンスのカワサキ・イメージは、
既に決定つけていたものの、

 

ホンダに代表される世界的な視野に立ってのモデル作りには、
未だ十分とは言えない面もありました。

 

世界のトップを目指したホンダのライバルに、
カワサキの心意気を感じさせてくれたモデルでした。

 



カワサキZ400FX-E1 1979年という時代

 

1979年(昭和54年)は、僕は大学3年生。

 

このブログでもなんどか触れていましたが、プレスライダーのアルバイトをしていました。
22歳になっていましたが、将来の夢は特になかったですね。

 

考えていることと言えば、彼女が欲しいなとか、

毎日の生活はどうしようか、なんてしょうもないことでした。

 

いま思うと本当にもったいない時期でしてね。

 

僕が就職したのは、これより3年後の82年(昭和52年)でした。

当時の連絡手段は、ポケットベルでした。
懐かしいですね。

 

まとめ

 

1979年、僕は大学3年生でした。

僕は一浪していたので、同い年の人たちは既に就職活動をしていました。

 

今回、79年を振り返ってみて感じたのは、
ワープロ、パソコンがこの時代誕生しています。

 

そう言えば、コンピューター会社でアルバイトしていたな。

 

現代のビジネスオフィスの環境を支配している機器が
このころ誕生していたのですね。

 

もうプレスライダーの時代は、終わろうとしていました。




  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング