カワサキZ400GP 1982 ハイクオリティな造りでライバルに対抗

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

他社の400ccマルチ車のライバルが出揃ったところで、
Z400FXを打ち切り満を持して登場したマシンです。

 

当時のライバル車は、ヤマハXJ400、スズキGSX400F、ホンダCBX400Fでした。

 

 

 

そのデビューは、リアにはフォローティングタイプの

ユニトラック・サス(減衰4段/プリロードは無段に調整可能)を

 

採用してフレキシブルな対応を図るなど、
最新の装備を充実させたものでした。

 



カワサキZ400GP 1982 ハイクオリティな造りとプロフィール

 

カワサキZ400GP
1982年3月

空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:399cc
ボア・ストローク:52mm×47mm
最高出力:48PS/10,500rpm
最大トルク:3.50kg-m/8,500rpm
始動方式:セル
ミッション:6速
車両重量:179kg
タイヤ:F90/90-19 R110/90-18
\478,000

 

 

 

Z400FXをベースに、吸排気系の見直しにより5PSアップを達成したマシンです。

マフラーはエンジンに合わせてブラック仕上げとなり精悍さが増しました。

 

リアサスにはユニトラックを採用し、ブレーキはトリプルディスクにして強化を図り、

ジュラルミン鍛造ハンドル、液晶メーターパネルなど各部の造りもハイクオリティーなモデルでした。

 

実にカッコいいマシンでした。

 



カワサキZ400GP 1982 ハイクオリティな造りでライバルに対抗

 

フロント・サスは、左右同調を図るイコライザー付きのセミエアタイプ。

 

ストロークは、前180mm/後140mmと比較的大きめでした。

5本スポークの新型のキャストホイール。

 

ブレーキは不等ピッチ多孔式のローターとメタルパッド採用のトリプルディスク。

 

フロントローターは、400FXよりも有効径はそのままに(226mm)厚みだけを1mmに、

それぞれ軽量化が図られました。

 

このブレーキのタッチ&フィーリングは素晴らしく、

高められた出力系に見合った制動能力を持ち合わせていました。

 

 

カワサキZ400GP 1982 パワーユニット

パワーユニットは基本的にはFXを踏襲しながらも、大幅な改良が行われました。
カムシャフトのリフト量を0.5mmアップ(7.5-8mm)、

バルブの作動角を254°→260°と6°ワイド化(開閉角をそれぞれ3°)、

キャブレターはVM21PをSUタイプのK26Vに変更し大径化(24→30)。

 

シリンダーの吸気ポートも25→28に拡大。

 

圧縮比を9.5→9.7に高めるなど、かなりの見直しが図られました。

 

3月のデビューに始まり、5月に新色エボニー、

7月にはライムグリーンが追加されました。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング