スズキ ハスラーTS250 本格オフロードモデル

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

スズキが世に送り出した、本格的オフロードモデル。

 

MXGPで活躍したワークスマシンの技術を生かし、

 

MXキットパーツ装着時の出力増に対応するため、

 

ぜいたくなほどの造り込みが施されていました。





スズキハスラーTS250

 

スズキハスラーTS250
1968年9月発売
エンジン:空冷2サイクル単気筒
ボア・ストローク70mm×64mm
排気量:246cc
最大出力:18.5ps/6,000rpm
最大トルク:2.36kg-m/5,000rpm
重量:133kg
最高速:120km
0-400:--.-秒
始動:キック 前進5段
タイヤ:F3.25-19 R4.00-18
価格\193,000

 

 

当時の世界モトクロス選手権で活躍していたワークスレーサー・RH250。

 

その開発で得られたノウハウを投入して誕生した本格的オフロードモデル。

 

油圧式ステアリングダンバーを標準装備するなど贅沢な造りも特徴で、
モトクロスレース用のキットパーツもリリースされていた。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング