スズキ ハスラー TS125 腕利きのライダーを楽しませたMXノウハウ

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

スズキ ハスラー TS125

 

 

 

当時のモトクロス世界GPを

 

席巻していたスズキの

 

ワークスモトクロッサー・RHシリーズの

 

ノウハウを継承した

 

ハスラーシリーズの125バージョン。

 

 

 

 

エンジンは、

 

比較的ピーキーな

 

特性を持っていたが、

 

それを使いこなせる

 

ウデに覚えのあるライダーを

 

大いに楽しませる1台だ。




スズキハスラーTS125

 

スズキハスラーTS125

 

1971年

 

 

エンジン:空冷2サイクル・ピストンバルブ単気筒

 

ボア・ストローク 56mm×50mm

 

排気量:123cc

 

最大出力:13ps/7,000rpm

 

最大トルク:1.3kg-m/6,000rpm

 

重量:95kg

 

最高速:110km

 

始動:キック 5速

 

タイヤ:F2.75-19 R3.25-18

 

価格\148,000

 

 

 

 

同クラスのライバルは、

 

それぞれに異なった吸気システムを採用していました。

 

ヤマハはAT125がピストンバルブ、

 

カワサキは125TRはロータリーディスク、

 

スズキはピストンバルブを

 

用いていました。

 

 

 

MXの世界GPで

 

活躍するワークスレーサーRHを

 

彷彿させる迫力あるスタイリングで

 

人気モデルとなり、

 

キットパーツを装着した

 

TS改は国内レースを荒らし回っていました。

 

 

 

どちらかと言えば、

 

ピーキーなフィーリングの出力特性で、

 

中速以上で活発なパワーを発生。

 

ユニバーサルタイヤを

 

装着したツーリングモデルTS125Tは、

 

メッキフェンダーとキャリア付きでした。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング