スズキ T500 1968 量産車では例のない未曾有の分野に挑戦

目安時間:約 8分
  • 人気ブログランキング

1968年(昭和43年)
僕は、小学5年生になっていました。

 

11歳になり、思春期に差し掛かっていました。

この頃から、人間形成がされていったように思います。

 

68年と言えば、メキシコオリンピックが開催され、
僕の思い出は、釜本、杉山を擁する日本はサッカーで銅メダルを取ったことです。

サッカーで銅メダルなんて、いまだと信じされないような出来事でした。

 

 

そして翌年の'69年の夏の甲子園大会の決勝戦では、歴史残る凄い試合が行われました。

太田幸司投手を擁する青森の三沢高校が、強豪、愛媛の松山商業を延長戦で追い詰めていました。

 

しかし、松山商業は、再三のピンチを凌ぎきって、延長18回、引き分け再試合で、
翌日優勝を決めました。

 

現在、太田幸司氏は、毎日放送の解説者としてよくそのお声を聴かせてもらっています。





スズキ T500 未曾有の分野への挑戦

 

エンジン:空冷2サイクル・ピストンバルブ2気筒
排気量:492cc
最高出力:47ps/6,500rpm
最大トルク:5.5kg-m/6,000rpm
ミッション:5速
重量:193kg
タイヤ:F3.25-19 R4.00-18
最高速:180km/h
価格:¥268,000

 

 

2サイクルエンジンの500ccと言う、量産型では例のない、

未曾有の分野に挑戦したスズキの傑作モデルです。

 

2サイクルで最高峰の技術を目指す!という、スズキの姿勢が、

その明確な答えとなったマシンです。

 

大型車としての風格や最高級の仕上がりは元より、

2サイクル車としてのスポーティーな外観が、このモデルの異彩を放つ部分でした。

 

低速側を犠牲にすることなく採用された"同圧型"のキャブレターは、T200で開発されたのもでした。

絶妙のWパネルのツーリーディング・ブレーキ。

「ファイブ」からは車軸間を107mm延長していました。

スズキ T500のプロトタイプ スズキファイブ

 

傑作マシン、スズキT500の発売の前年、

東京モーターショーにT500のプロトタイプとして参考出品されたのが、

スズキファイブでした。

 

'66年にデザイン、設計部門がスタート。目標を47馬力、

最高速度180km/hに設定して、スズキの担当社員たちは、

海のもの、山のものともつかぬ領域への挑戦だけに、意欲に溢れていました。

 

ちなみにこの目標は、当時の大型車ホンダCB450、

カワサキW1の数値を超えることを明確に意識していたと思われます。

 

65年にデビューのホンダ・ドリームCB450K0が、

43馬力、最高速180km/h、66年にデビューのカワサキW1は、47馬力、最高速180km/hでした。

 

また2サイクルと言えばヤマハですが、'67当時の最大排気量は、350ccで、

ヤマハスポーツ350R1は、36馬力、最高速173km/hでした。

 

つまりスズキは、ライバルメーカーのトップに立つことを目指したのでした。

 

さて、スズキファイブの完成車は、目標の数値は難なくクリアしました。

しかし、耐久テスト段階では、様々なトラブルに直面しました。

 

例えば、エンジンの振動、シリンダーの冷却不足、キャブレターの選定等なども難航しました。

それでも'67年5月には、アメリカで最終テストが行われ、東京モーターショーの出品に間に合いました。これが大型車への第一歩だったのです。

 



スズキ T500 挑戦した技術陣の意欲の賜物

 

スズキ T500は、スズキの技術陣の意欲の賜物のマシンです。

 

当時のマシンとしては最高の47馬力、最高速180km/h、

ゼロヨン13.2秒の動力性能と素直な操縦性は、オーナーのみぞ知る優越感で、

それを世に送り出したスズキの技術陣の誇りもでありました。

 

オイルポンプから圧送されたオイルは、左右に別れ、更に2系統に分離されます。

一方はクランクベアリングからクランクピンを通じ、コンロッド大端部を潤滑し、

飛散してシリンダー内部を冷却します。

 

もう一方は、シリンダー下部の給油孔を通じピストンに直接吐出されます。

このCCI方式を更に確実なものとするために、T500のピストンには、

セカンドリング溝下に深さ0.6mmのオイル留めの溝を8本刻み、リング面にも一本の溝を加えていました。

 

ここまで慎重を期したのは、量産車初の2サイクル・ビッグツインと言う、

難易度の高いマシンに挑戦した技術陣の意欲を感じます。

 

太めのパイプ製ダブルクレードルフレームのフロントダウンチューブ両脇からは、

2本のエキゾーストパイプが外側にはみ出し気味に設置されています。

 

左右のシリンダー間の熱干渉の抑制によるものですが、

こんな所にも2サイクル・ビッグツインの技術面での難しさが伺えました。

まとめ

 

どちらかと言うと、スポーツモデルでは、ホンダ、ヤマハの後塵を拝していた感

のあるスズキですが、T500は、その存在をアピールするには強烈なモデルでした。

 

'67年から'69年の掛けては戦後生まれの"団塊の世代"が、成人になった時代です。

団塊の世代よりも10年遅れて生まれた僕には、

なんか時代が変わるような実感をもった記憶があります。

 



  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング