スズキGSX-R 1984 250cc並みに軽量車体に驚異の59ps 凄すぎ!

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

スズキGSX-Rは、
単体重量7.6kgという
驚異的な軽さを誇る
アルムフレームMR-ALBOXに、

 

フリクションロスの低減や
吸排気バルブの大径化と
徹底的なチューンアップを施した

 

インライン4エンジンを搭載しながら、
車重152kgと250クラス並みの
コンパクトなボディを実現しました。

 




スズキGSX-R 1984 プロフィール

 

スズキGSX-R
1984年

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC4バルブ並列4気筒
排気量:398cc
ボア&ストローク:53.0×45.2mm
圧縮比:11.3
最高出力:59.0ps/11,000rpm
最大トルク:4.0kg-m/9,000rpm
車両重量:152kg
始動方式:セル
ミッション:6速
タイヤ:F100/90-16 R110/90-18
価格:\629,000

 

 

'83年に行われた「東京モーターショー」でデビュー。
ユーザーにとっては、RG250Γで、
圧倒された熱も癒えない内の
追い打ちとなったマシンです。

 

パワーユニットのベースは、GSX400FWでしたが、
シリンダーヘッドは大改造が図られ、
驚異的な出力アップが与えられていました。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング