スズキGSX400FSインパルス 1982 ヨシムラと共同開発のマフラー

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

GSX400F-Ⅱをベースに、

ヨシムラと共同開発した4in1マフラーを装着。

 

セパレートハンドルや

アルミスイングアームを採用している。

 

POPヨシムラと言えば

神格化されたエンジニアでしたね。

 

かっこよかったなぁ・・・。




 

 

<h2>スズキGSX400FS IMPULSE ヨシムラとの共同開発</h2>

スズキGSX400FSインパルス

 

1982年6月

 

空冷4サイクルDOHC4バルブ並列4気筒
排気量:399cc

ボア&ストローク:53mm×45.3mm
最高出力:48PS/10500rpm
最大トルク:3.5kg-m/8500rpm

始動方式:セル

ミッション:6速
車両重量:171kg
タイヤ:F3.25-19 R3.75-18
価格:\493,000

 

 

ヨシムラと共同開発の4 into 1の集合マフラーを装備。

出力を3psアップさせてよりスポーツ性をアピールしています。

 



 

ダウンチューブ上部に配したオイルリザーバータンク(オイルクーラーではない)

でオイル容量をアップさせ、出力の向上に対処しています。

 

 

 

スズキGSX400FS IMPULSE ブレーキ変更について

 

リアブレーキをGSX400Fのディスクからドラムに変更したのは、

400Fのディスクからドラムに変更したのは、

 

400Fのリアディスクに一部不満も生じたためだとされますが、

フィーリングに関しては好みの問題だけだと思います。

 



スズキGSX400FS IMPULSE 走り屋向きの足回り

 

スズキGSX400FSの足回りは、

 

やや硬めにセッティングされており、

 

走り屋向きの味わいを提供していました。



 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング