スズキRG50Γ 1982 本家RG250Γよりも僅か早くガンマを命名

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

RG50Γは、

なんと本家RG250Γよりも
僅かに早く「ガンマ」と名付けられていた

50ccスポーツモデルです。

 

6速ミッション採用の

水冷エンジンに

フルフローターサス、

フロント16インチホイール、

フルカウルなど、

 

50ccであっても

ガンマの名を冠するにふさわしい

本格的なメカニズムを採用していました。




スズキRG50Γ(ガンマ)のプロフィール

スズキRG50Γ(ガンマ)

 

1982年12月

 

水冷2サイクルパワーリードバルブ単気筒
49cc
ボア・ストローク41mm×37.8mm
7.2PS/6,000rpm
0.66kg-m/7,500rpm
69kg
F2.75-17 R2.75-17
始動キック
前進6速
\189,000

 

 

水冷のパワーユニットでは、

ヤマハRZ50(1981年5月)に
先行デビューされましたが、

出力特性では優れた一面を持っていました。

 

6速ミッションや

アンチノーズダイブ機構を採用するなど、

スーパーゼロハンの意識を拡大させた

筆頭モデルとなったマシンです。



 

スズキRG50Γ(ガンマ)の車体ポテンシャル

 

フレームは

ダブルクレードルを採用。

 

リアには

フルフローター・サスを装備して、

ダイナミックな走りで注目を集めました。

 

※画像はイメージです

 

 

まとめ

RG50Γは、ゼロハンながら、

スズキファクトリーレーサーRGΓのイメージを、

 

RG250Γに先立ち、量産車として始めて踏襲して
登場させられたモデルでした。




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング