ホンダエルシノアMT250 モトクロスで高めた技術から放った名車

目安時間:約 8分
  • 人気ブログランキング

ホンダ初の2ストのオフロードモデル。

 

モトクロッサーを通じて

 

技術を高めたホンダが放った

 

オフロードモデルです。

 

エンジンは、6ポート、ピストンバルブ吸入。

 

 

今から約45年前の

 

1973年5月10日に発売。

 

石油ショックで、

 

省エネと言われた時代で、

 

今の時代に通じるものがあります。

 

 

TVでは、刑事コロンボが人気番組で。

 

"うちのカミさんがね"

 

が流行りました。




ホンダエルシノアMT250 スポーツ心くすぐるマシン

 

ホンダエルシノアMT250

 

1973年

 

エンジン:空冷2サイクル・ピストンバルブ単気筒

 

ボア・ストローク 70.0mm×64.4mm

 

排気量:248cc

 

最大出力:23.0ps/6,500rpm

 

最大トルク:2.60kg-m/5,500rpm

 

重量:128kg

 

登坂力:35°

 

始動:キック 5速

 

タイヤ:F3.00-21 R4.00-18

 

価格\208,000

 

 

モトクロッサーCR250Mを

 

ベースに開発された

 

ホンダ初の本格2ストオフローダーであり、

 

ホンダとして初めて市販された

 

2ストスポーツモデルでもある。

 

 

初めて本格的に2ストを手がけたとは思えない、

 

パワフルなエンジンと

 

軽量で走破性に優れた車体の

 

バランスの良さで、

 

多くのオフロードライダーに愛されたマシンです。



ホンダエルシノアMT250 モトクロッサーCRレプリカ!?

 

ホンダの市販モトクロッサー、

 

エルシノアCR250Mの活躍は、

 

ホンダの技術陣にとって

 

大きな自信となりました。

 

 

ライバルメーカーのマシンと比べ、

 

どちらかと言えば

 

パワーバンドの広い出力特性は、

 

それまでの2サイクルイメージを

 

変えるまでのインパクトを持っていました。

 

 

ホンダは、

 

ここで大きな決断を下しました。

 

 

CRレプリカと言える、

 

ホンダ初の

 

2サイクルオフロードモデルがデビューです。

 

 

ホンダ・エンスー※の一人、

 

スクリーンのスーパースター、

 

故スティーブ・マックイーン(1930-1980)を

 

CMに起用し、

 

大いに話題になりました。

 

 

フレームはスチール鋼でしたが、

 

クランクケースはCRと同様マグ合金でした。

 

※エンスーとは、エンスージアスト(enthusiast)熱狂的な支持者の意



ホンダエルシノアMT250 CMにスティーブ・マックイーン起用

 

ホンダエルシノアMT250の

 

CMに起用された、

 

スティーブ・マックイーン。

 

 

マックイーンは、

 

1963年(昭和38年)に

 

日本でも

 

興行成績年間第3位の大ヒットを収めた、

 

「大脱走」の主演を張った人気スターでした。

 

 

映画は、第二世界大戦中、

 

脱走常習犯ばかりを集めた

 

ドイツの特別収容所から

 

集団脱走を企てる

 

連合軍の捕虜たちを、

 

実話に基づいて爽快に描いた大作です。

 

 

資材調達や情報収集など、

 

それぞれ役割分担を決めて

 

テキパキと事をすすめるさまに、

 

戦争映画ということを忘れて、

 

スポーツ感覚で引き込まれてしまい、

 

 

また、オートバイをかっ飛ばす

 

スティーブ・マックイーンのカッコ良さは、

 

つい脱走に失敗して多くの

 

犠牲者が出たことを忘れさせてしまいました。

 

 

その後味の良さがヒットの要因だっったようです。

 

またエルマー・バーンスタインのテーマ曲もヒットしました。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング