ホンダスペイシー250フリーウェイ 新設計水冷エンジンを搭載

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

スペイシーシリーズのトップモデルとして、
新設計水冷エンジンを搭載。

 

その機動力の高さで一躍ヒットモデルとなりました。

 

現在の二輪の中古市場でも大型スクーターは、

もっとも台数が多く、需要も活発とのことです。

 

ホンダスペイシー250フリーウェイは、

その大型スクーターブームのさきがけとなったモデルでした。




 

ホンダスペイシー250フリーウェイ 1986 プロフィール

 

ホンダスペイシー250フリーウェイ
1984年7月
水冷4ストOHC2バルブ単気筒
244cc
20PS/7500rpm
2.2kg-m/5500rpm
118kg
4.00-10・4.00-10
\338,000

 

 

 

その後86年にフュージョン、

90年代に入ってヤマハのマジェスティーも発表され、

大型スクーターブームとなりました。

 

個人的にはスクーターは特に乗りたいとは思わないし、

バイク好きがそのままスクーターの乗るとは思えないので、

新たなユーザーを開拓したと思います。

 

そんなことを考えると

ホンダの先見の明をもった戦略は、

さすがと思わずには要られません。

 



ホンダスペイシー250フリーウェイ 1986 ポテンシャル

 

フュージョンと同様のパワーユニットを、
37kgも軽量のボディーに搭載したモデルです。

 

36.5cmも短いホイルベースで活発・機敏な行動力を持っています。

 

水冷のパワーユニットの利点は、

長時間走行時の熱ダレによるパワーダウンが少ないものでした。

 

特にフルカバードされたスクーターでは、放熱効果の面でハンデもあり、
このパワーユニットの効果も大きいものでした。

 

メカニカルノイズも少なく、4サイクルなりの規則正しい排気音の
心地よさを聞かせてくれます。

 

加速は低速からトルクフルな出力特性をもっており、
スポーツバイク並の動力性能を発揮。

 

意外とも思える内容の性能が与えられていました。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング