ホンダドリームCB550four-Ⅱ1975 ジェントルな大人のバイク

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

ホンダドリームCB550fourは、

1974年にCB500のボアを広げて、
544ccとして発売。

 

その翌年すぐにCB550four-Ⅱとして

マイナーチェンジが施されました。

 

1974年は(昭和49年)は、

流行語が、便乗値上げ、物価狂乱、

金脈と人脈と言われるほど、

 

田中政権のもと、

石油ショック以来の狂乱物価で

庶民生活は圧迫されていました。

 

前首相の佐藤栄作氏は、ノーベル平和賞を受賞し、

田中角栄首相は、金脈問題で辞職に追い込まれました。

 

庶民は、時流に弄ばれた感があったような時代で、

何を信じていいか分からなくなった時代です。

 

とまあ、厳しい時代でしたが、僕は高校2年生。
そんな時代に関係なく、青春を謳歌していました。




ホンダドリームCB550four-Ⅱ1975 プロフィール

 

ホンダドリームCB550four-Ⅱ1975
1975年

 

エンジン:空冷4サイクル・SOHC4気筒
ボア・ストローク 58.5mm×50.6mm
排気量:544cc
最大出力:50.0ps/8,500rpm
最大トルク:4.40kg-m/7,500rpm
重量:207kg
最高速:180km/h
始動:セル、キック 5速
タイヤ:F3.25-19 R3.75-18
価格\375,000

 

 

CB500フォアのボアを2.5mm広げて、

544ccにスケールアップ。

 

キー付きタンクキャップや可倒式ステップ、

ウィンカーブザーなど装備が充実したマシンでした。

 



ホンダドリームCB550four-Ⅱ1975 ポテンシャル

 

CB500four(1971年)→550four(1974年)へとボアアップ、

既に完成の域に達したか、と思いきや、

 

再度、外観のイメージを変更、

CB400four(1974年12月)に似た、近代化が図られました。

 

前後フェンダーを短くカット、

4into1の集合管と長めになったタンク、

シートは浅めにフートレストは5mm後退、

チェンジ&ブレーキペダルも短めになど、

スポーティーな印象が高められられました。

 

元来、静かであった排気音は、

集合管により、更に効果を上げ、

物足りない印象さえも受けました。

スロットル・リンケージのリターン・スプリングの

位置を変更するなど、細部も改良を施しました。

 



ホンダドリームCB550four-Ⅱ1975 時代

 

1974年、ウォーターゲート事件でアメリカ大統領、ニクソンが辞任。

日本でも、田中首相が、金脈疑惑で辞任に追い込まれました。

 

戦後初のマイナス経済成長だった年でもあります。

 

74年3月には、小野田寛郎元陸軍少尉が、

フィリピン・ルバング島から帰還、

 

また74年秋には、

読売ジャイアンツの長嶋茂雄が現役引退で、
ひとつの時代が終わった感がありました。

 

翌75年は、4月にカンボジアでロン・ノル政権が崩壊し、

同じ月、南ヴェトナム民族解放戦線がサイゴンに入城し、

ヴェトナム戦争が終結しました。

 

日本では、プロ野球セ・リーグで

広島東洋カープが悲願の初優勝を飾り、
赤ヘル旋風を巻き起こしました。

 

布施明のシクラメンのかほり、

ダウンタウンブギウギバンドの
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカがヒットして年です。

 

僕は、高校3年生で、夏休みに一人で

富山から函館まで往復2000キロの
自転車の旅を敢行しました。野宿しながらで、

今考えてもよくやったなと思います。

 




  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング