ホンダベンリーCB125JX 1975 125ccクラス唯一の4スト・スポーツ

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

ホンダベンリーCB125JX 1975が発売されました。

125ccクラス唯一の4ストのスポーツモデルでした。

 

1975年(昭和50年)のヒット映画は、
パニック映画ブームの中、

1位「タワーリング・インフェルノ」

2位「大地震」

と並んでヒットしました。

 

そのなかで文芸エロスともいうべき
「エマニエル夫人」のヒットが異色でした。

 

当時僕は高校三年生、タワーリング・インフェルノは、
確か映画館に観に行きましたね。

 

テレビドラマでは、「傷だらけの天使」は、
毎週土曜日、夢中になって観ていましたよ。



ホンダベンリーCB125JX 1975 プロフィール

 

ホンダベンリーCB125JX 1975
1975年

エンジン:空冷4サイクル・SOHC単気筒
ボア・ストローク 56.5mm×49.5mm
排気量:124cc
最大出力:14.0ps/10,000rpm
最大トルク:1.00kg-m/9,000rpm
重量:104kg
最高速:120km/h
登坂力:20度
始動:キック 5速
タイヤ:F2.75-18 R3.3.00-17
価格\163,000

 

 

CB125Sからフルチェンジ。

 

エンジンは、クランクからヘッドまわりまで

大幅な見直しを受け、

排気量も122ccから124ccにアップしました。

 

外観もスタイリッシュに生まれ変わりました。

 



ホンダベンリーCB125JX 1975 ポテンシャル

 

ホンダベンリーCB125JXは、

125ccクラス唯一の4サイクル・ロードスポーツモデル。

 

新設計になったエンジンユニットは、

ボアを僅か(+0.5mm)拡大、

フルスケール124ccとマイナーチェンジ前より1ccアップが図られていました。

 

シリンダヘッドは全面的な改良を受け、

吸排気面での効率はかなり効果を上げました。

 

出力はプラス2ps増加、

より高回転型のエンジンになりました。

 

フロントフォークをインナー・チューブタイプとし

軽快感を高めると共に、車体に低重心化を図り、

デメンションにも変更を与えていました。

 

最高速度はプラス10km/hアップ。性能向上大でした。

 



ホンダベンリーCB125JX 1975 時代

 

この年、田部井淳子さんが、

女性として世界初のエベレスト登頂に成功しました。

 

実は、これより7年後、

僕は、東京港区になる会社に入社したのですが、
入社式に田部井淳子さんが、

来られて講演されたのです。

 

残念ながらどんなお話しをされたか

憶えていませんが、
その時の光景はよく憶えています。

 

特別に屈強な感じの方ではありませんでした。

だから余計、凄い人だな、と思ったものです。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング