ホンダホークⅢCB400N 1978 ホークⅡをベースにスポーツ性復活

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ホンダホークⅢは、

ホークⅡをベースに

フロントブレーキをダブルディスクとし、

 

6段ミッション、

低いハンドルやバックステップなどを

装備したモデルでした。

 

1978年(昭和53年)8月23日に発売。





ホンダホークⅢCB400N 1978 プロフィール

 

ホンダホークⅢCB400N 1978年モデル

 

エンジン:空冷4サイクルSOHC2気筒
排気量:395cc
ボア&ストローク:70.5mm×50.6mm
圧縮比:9.3
最大出力:40ps/9,500rpm
最大トルク:3.2kg-m/8,000rpm
点火方式:CDI
始動方式:セル・キック
ミッション:6速
車重:184kg
タイヤF3.60-19 R4.10-18
最高時速:165km(推定)
0→400m加速:13.08秒
燃費:36km/L
価格:\349,000

 

 

フロントにダブルディスク、

更に、6速ミッションを採用して

生まれ変わったホーク。

 

最高出力値は変わらず、

中低速の出力特性の向上が図られています。

 

フロントに装備されたディスクは240mmの小径ダブル。

 

効き味は硬めで、確実な制動力とコントロール性を持っていました。

 

フラットに近いハンドルと後退したステップで、

やや前傾の姿勢を強いられていました。

 

シートポジションは高めで750ccクラス。

 

サスは、硬め、ホークⅡとは

異なるセッティングが与えられています。

 

ハンドリングの設定にもスポーツ性が復活しました。

 

セロヨン加速は13秒08でした。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング