ホンダモーターからホンダへ

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

ホンダモーターからホンダになりました。

ホンダのA、B、C型までは、ホンダーモーターとタンクにするされていましたが、D型ドリームからはホンダが車名になりました。

 

ホンダというと4サイクルのイメージが強いですが、
第1号は意外と2サイクルでした。

 

2サイクルの排気音は4サイクルに比べて迫力がありません。
※僕はそうは思いませんが。。。

 

そのため本田宗一郎氏は河島喜代氏と一緒に4サイクルエンジンを
計画しました。

 

そして出来たのは、E型エンジンです。

 

ホンダ・ドリーム E型
排気量:146cc
最高出力:5.5ps/5000rpm
最高速度:70km/h
1952年

 

 

1950年当時の法規は2サイクル100cc、4サイクル150ccまでが
軽自動車枠でした。

 

D型は、2サイクルでユーザーに好まれず、営業面で4サイクルへ転化をしたのが、ホンダの4サイクル進出のきっかけでした。

 

1952年(昭和27年)には、ボクシングの白井義男氏が、日本人初の世界チャンピオンになりました。

 

また、手塚治虫氏の「鉄腕アトム」が月刊誌「少年」に連載が開始されました。

 

なんか新しい時代に入ったという頃ですね。





人気ブログランキングへ

クリック応援よろしくお願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング