ホンダCB400four 伝説の4気筒エンジンは電光石火の如く

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

ヨンフォアの愛称で親しまれた名車。

 

前身はCB350FOURで、

 

エンジンのボアを4mm拡大し、

 

軽量で排気効率に優れる

 

4in1マフラーや

 

バックステップ、

 

ロングタンクに

 

コンチネンタルハンドルといった

 

カフェレーサースタイルを採用。

 

 

当時クラス唯一だった

 

4気筒エンジンであることも

 

手伝って人気を集めました。

 

 

しかし、強烈なインパクトを残したまま、

 

僅か2年を電光石火の様に駆け抜けて行ってしまったのです。




ホンダCB400four スポーツ心くすぐるマシン

 

ホンダCB400four

 

1974年

 

エンジン:空冷4サイクルSOHC4気筒

 

ボア・ストローク 51.0mm×50.0mm

 

排気量:408cc

 

最大出力:37.0ps/8,500rpm

 

最大トルク:3.20kg-m/7,500rpm

 

重量:183kg

 

最高速:170km/h

 

0-400:--.-秒

 

始動:セル、キック 6速

 

タイヤ:F3.00-18 R3.50-18

 

価格\327,000

 

 

CB350four(1972年)をベースに、

 

エンジンのボア&ストローク(47×50mm)の

 

ボア側をプラス4mm拡大(51×50mm)とし、

 

ミッションを5速→6速に変更する等、

 

スーパースポーツ・モデルへの大変身させています。

 

 

ポールジョイント式のリンケージを介し、

 

後退させたステップ位置と

 

低いフラット・ハンドルで、

 

前傾姿勢を強いるマシンに、

 

スポーツ心を大いに刺激されたものです。

 

 

4イン1の集合管、

 

ニー・ストッパーを持たない

 

フラット面のガソリンタンク、

 

悪路走行を考えない

 

減衰力不足の硬めの

 

サス等、オン専用の高速モデルだった。



ホンダCB400fou プレスライダー

僕はこのヨンフォアが世に出て

 

5年目の1979年に

 

プレスライダーのアルバイトをしていました。

 

 

当時はファックスもメールもない時代。

 

事件現場、記者室などから

 

新聞記者の書いた記事を

 

新聞社に届ける大事な仕事でした。

 

 

その仕事仲間で

 

一人“ヨンフォア”に乗っているやつがいて、

 

一際カッコ良かったことを覚えています。

 

 

コーナーをきれいに

 

トレースして行く様は

 

めっちゃ憧れたものです。

 

 

自分では乗ることがありませんでしたが、

 

その華麗な印象は脳裏に焼きついている青春の一台ですね。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング