ホンダ ドリームCB750フォア 初の4気筒エンジンで世界を席巻

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

1950年から60年に掛けて、

 

世界最高のオートバイと言えば、

 

トライアンフやノートンなどイギリスのメーカーによる

 

650cc前後の空冷並列2気筒エンジンを搭載したモデルでした。

 

 

ホンダは、60年代に世界GPでその名を轟かせていました。

 

次のホンダは市販車でも世界最速を目標にします。

 

 

そこで65年には初の大排気量車としてのCB450をデビューさせます。

 

その他の国内メーカーでは、

やはりイギリス車を意識してカワサキが66年に650ccのW1をデビューさせました。

 

またスズキは、68年に2サイクルながら500ccという

 

T500を世に出しています。

 

 

しかし、CB450は、

 

排気量の小ささをDOHCによる高回転でカバーしようとしましたが、

 

ライバル車を大きく上回ることができず、商業的にも不調に終わりました。

 

そこで、ホンダの出した結論は!?





ホンダ ドリーム CB750フォア 初の4気筒エンジン

 

ホンダ ドリーム CB750フォア
1969年8月

 

空冷4サイクルOHC2バルブ並列4気筒
排気量:736cc
最大出力:67ps/8,000rpm
最大トルク:6.1kg-m/7,000rpm
車重:220kg
タイヤF3.25-19 R4.00-18
最高時速:200km
価格:\385,000

 

 

ホンダは、世界GP撤退後の'68の東京モーターショーにプロトタイプを発表。

 

翌69年4月に輸出を開始し、8月には、待望の国内デビューしました。

 

その人気は凄まじく、一年間で世界中で6万台もの販売を記録しました。

 

 

世に"ナナハン・ブーム"の到来を呼び込んだ元祖になったわけです。

 

 

ホンダが世界最速のために取った戦略は、多気筒化だったのです。

 

当時のオートバイと言えば、単気筒か2気筒、

 

多気筒エンジンと言えば、ホンダやMVアグスタの

 

一部のメーカーに限られていました。

 

 

しかし、ホンダは、量産市販車初の空冷並列4気筒エンジンを採用し、

 

OHCながら排気量をライバルたちを大きく上回る736ccとし、

最高速200km/hという圧倒的な速さを現実にしたのでした。



ホンダ ドリーム CB750フォア ハイレベルな車体

 

圧倒的なパワーに合わせ、フロントブレーキにディスクブレーキも採用するなど、

 

車体もハイレベルな造りでした。

 

驚きと共に高性能が評価されホンダドリームCB750フォアは、

 

世界最速のオートバイの材に君臨、世界中で人気を集めました。

まとめ

 

CB750フォアが誕生した1969年(昭和44年)は、僕は小学6年生。
思春期に入口にいました。

 

この時代に東名高速道路が全線開通し、人類が初めて月面に着陸した年です。

 

新商品、人気商品としてはCB750フォアがトップに挙げられ、
三田工業のカラー複写機、厚木ナイロンのパンティストッキングがヒットした年でした。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング