ホンダCB250RS スポーツ車の原点をあえてレーサーレプリカ時代に発表

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

僕が、オートバイに求めるのは、
シンプルで、扱いやすいマシンです。

 

そんなことから、乗り継いできたマシンは、
2サイクル、4サイクル共に単気筒か2気筒でした。

 

僕は、オートバイに対して感じていたのは、
移動のための手段でも、単に乗り物でもありませんでした。

 

自分の大切なパートナーという思いが強かったです。

だから、馬という感覚に近かったかもしれません。

 

乗り物だが、それ以上の存在、ということでしょうか?

上手く説明されませんが。

 

だから、高性能なマルチのマシンよりも、

もっとシンプルなマシンに愛着を覚えるのかもしれません。

 




ホンダCB250RS レーサーレプリカ時代であえて原点回帰

ホンダCB250RS

1980年3月

エンジン:空冷4ストOHC4バルブ単気筒
排気量:249cc
最大出力:25ps/8500rpm
2.2kg-m/7000rpm
重量:128kg
タイヤ:3.00-18・4.10-18
価格:\298,000

 

 

スポーツ車の原点ともいえる軽量化と
優れた操縦性を狙って開発されたシングルスポーツ。

 

エンジンはXL系のOHC4バルブで、
各排気バルブに独立したマフラーを装備。

 

軽量化のためにダイヤモンドフレームやスポークホイールを採用し、
リアのFVQダンバーは高い路面追従性を発揮していました。

 

まさに僕がオートバイに求めるコンセプトのもとホンダが開発したバイク。

 

友人が乗っていて少し乗らせてもらったことがある程度で

所有までは行きませんでした。

 

当時は、スズキハスラー250に乗っていました。

 

僕が求めるオートバイは、排気量は125ccから最大でも500cc
空冷の単気筒か2気筒。

 

シンプルで操縦性に優れたものが一番と思っています。

 

そんなことからCB250RSは理想的なバイクです。

 

自分の好みにぴったりという女の子がいて、

でもその時自分に相手がいるためその内と思っているうちに

会えなくなってしまった女の子みたい。
もう会うことはないなぁ・・・。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング