ホンダCB750F ボルドールのスタイリングはヨーロッパの風

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

1979年、僕は大学3年生で、
朝日新聞社で、プレスライダーのアルバイトをしていました。

 

当時の朝日新聞社は、まだ有楽町にあり、
女子高生を見ると、ウィーリーするんだぜ、なんて
馬鹿なルールを決めて、

よく有楽町の交差点でスター時よくウィーリーしていたものです。

 

中には、ウィーリーし過ぎて、コケたやつもいて、
バカだった青春の思い出です。

 

当所の僕は、ヤマハの2サイクルRD250に乗っていましたが、
ホンダからでた、ヨーロピアンスタイルには、すごい新鮮さを感じたものです。




ホンダCB750F 1979年モデルのプロフィール

 

エンジン:空冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒
排気量:748cc
ボア&ストローク:62.0mm×62.0mm

圧縮比:9
最高出力:68.0ps/9,000rpm
最大トルク:5.90kg-m/8,000rpm
始動方式:セル・キック
クラッチ:湿式多板
ミッション:5速
車両重量:228kg
タイヤ:F3.25-19 R4.00-18

燃費:32km/L
価格\538,000

 

 

ホンダCB750F 1979年モデルは、

CB900F(1978年モデル)“ボルドール”と全く同一の

スタイリングでデビュー。

 

CB900Fでは、

エンジン幅を詰める意図もありロングストローク(64.5mm×69mm)を

採用していました。

 

しかし750Fでは、

従来通りの62mmスクエアを理想のサイズとして通しています。

 

キャブレターは900Fの直径32mmに対し直径30 mm。
圧縮比は900 Fの8.8に対し9:1とやや高めの設定になっています。

 

またリアショックは、900Fが、CBXと同様の減衰力調整式、
750Fが、FVQ固定ダンパーとなっていました。

 

ほとんど共通のフレームながら、ホイールベースは750Fの方が6mm延長されていました。

 

重量は、オイルクーラー装備の900Fの232kgにわずかマイナス4kgの750F。

両者ともにフロントには276mmのディスクをダブルで装着しています。

 

リアは900Fが、296mmディスク。750Fでは180mmのドラムと異なっていました。

 

CB750K(1978年モデル)と基本構成は変わることなく、
ヨーロピアンの印象を濃くしたスーパー・スポーツ・モデルの復活は、

 

国内だけでなく海外でも大いに好評を受け、
RSCのキットパーツで武装したスーパーバイク仕様が、

世界中のサーキットで大活躍していました。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング