ホンダCBX250RS 1983 根強い単気筒ファンに応えたマシン

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

CB250RS/RS-Z(1980~1981年)の

 

人気を超えたVT250Fの登場で、

 

単気筒の支持や人気も消えかかったようにも思えました。

 

 

しかし、単気筒はモーターサイクルの基本です。

 

ヤマハからもSRX250が発売されました。

 

根強い単気筒ファンに応えたマシンです。

 




ホンダCBX250RS 1983 プロフィール

 

ホンダCBX250RS
1983年

 

エンジン:空冷4サイクルDOHC単気筒
排気量:249cc
ボア&ストローク:72.0×61.3mm
圧縮比:10.5
最高出力:30.0ps/9,500rpm
最大トルク:2.40kg-m/8,00rpm
車両重量:129kg
始動方式:セル
ミッション:6速
タイヤ:F90/90-18 R110/90-18
価格:\368,000

 

 

250ccの単気筒マシンは、

 

こと軽快感に関しては、

 

絶妙なフィーリングを持つパワーユニットと

 

軽量を利しての走りは、

 

依然として根強いファンに支持されていました。

 

 

ツインカムの新設計の

 

ヘッドが施されたDOHCのパワーユニットは、

 

力強い出力を発揮しました。

 

以前にも増して活発な走りを生み出しました。

 




ホンダCBX250RS 1983 出力特性

ホンダCBX250RSは、

 

129kgという重量は、

 

RS-Zと同じもので、

 

4psアップの出力値は当然と言えるものでした。

 

 

デュアルインテークのキャブレター、

 

RFVCの機構で低速から高回転域までスムーズな出力特性を持っていました。

 

 

1983年 ボブ・ディランの傑作 インフィデルの発表

 

このアルバム『インフィデル』は傑作です。

なんと言っても声がいい。

ボブ・ディランは声を使い分けています。

 

デビューからのハスキー・ヴォイスがオリジナルだと思いますが、
ナッシュビル・スカイラインでなんかつるつるした声を出して、
ファンを混乱させました。

 

あと、ハスキーヴォイスを猫っぽくしたような声もあって、
しかもこの『インフィデル』までは、鼻にかかったような声で、

このアルバムが発表された時もファンもおそるおそる
針を落としたことでしょう。

 

しかし、オリジナルのハスキーヴォイスに戻っていて、また曲も素晴らしいので、
ホッと胸をなでおろしたと思います。

またジャケットも素晴らしいです。

 

* * * * * * * * * * *

Amazonでお求めの方はこちらです。

第一曲のジョーカーマンも視聴できます。

 

 

* * * * * * * * * * *

 

【Blu-spec CD2】 インフィデル<完全生産限定盤>

 

ボブ・ディラン、全43作品(オリジナル・スタジオ・アルバム35作+ライヴ6作+ベスト2作)を1年かけてリニューアル復刻していくプロジェクト。最新マスター、紙ジャケット仕様、Blu-spec CD2、新規ライナー、新規対訳、当時の付属物や告知ステッカーまで、現在考え得る最高のフォーマットで全作品を究極の復刻を目指す!第3弾は“DYLAN 80'S"として80年代の作品を9T復刻。本作は1983年作品。発売当時「真のディランが戻ってきた」と騒がれた作品。タイトルのインフィデルズは、無神論者、異教徒の意。ダイアー・ストレイツのマーク・ノップラーをプロデューサーに迎え、「ジョーカーマン」「ライセンス・トゥ・キル」「アイ・アンド・アイ」などの傑作を収録。全米アルバム・チャート20位、全英アルバム・チャート9位を記録。

発売・販売元 提供資料 (2014/05/27)

 

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング