ホンダCBX400F 1981 クラス唯一のDOHC4バルブにして最強の48ps

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

1981年1月にレーガン政権誕生。

 

レーガンは、元映画俳優で、
バック・トゥ・ザ・フィーチャーという映画で、

 

主人公が、母親の青春時代のタイムトリップした時、
自分が未来からやってきた、今の大統領はレーガンだと言ったら、

 

なに、あの映画俳優のレーガンか?

と馬鹿にされるシーンがありました。

 

※レーガン像

 

それほど珍しいことだったのでしょう。

 

80年代の日本は、オートバイが最も華やかり頃でした。

 




ホンダCBX400F 1981 クラス唯一のDOHC4バルブ

 

ホンダCBX400F

1981年11月

 

エンジン:空冷4ストDOHC4並列4気筒
排気量:399cc
ボア&ストローク:55×42mm
最大出力:48ps/11000rpm
最大トルク:3.4kg-m/9000rpm
重量:173kg
タイヤ:F3.60-18 R4.10-18
価格:\485,000

 

 

 

クラス唯一のDOHC4バルブは、

中空カムシャフトやオイルリザーバータンクを装備し、

パワーも当時最強の48PS。

 

インポートディスクブレーキやアルミ鋳造スイングアーム、

セミエアサスなど車体の完成度も高く、

 

テールとウインカーを一体化したコンビランプなど、

デザインでもライバルをリードしていました。

 

まとめ

 

僕にとって80年代の大事件はなんといっても
80年12月に起きたジョン・レノンの銃殺事件です。

 

少し前に「ダブル・ファンタジー」というアルバムを
リリースしてこれから再び活動しようしていた矢先の事件。

僕はビートルズの中でジョンが一番好きでした。

 

当時のジョンは40歳。
自分がとっくにその年齢を過ぎてみるとあまりにも若い死でした。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング