ホンダCBX750F 1983 ナナハン初の6速 インラインフォアの意地

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

ホンダCBX750F

空冷DOHC並列4気筒と

この後現れる各メーカーの

水冷のライバルマシンに

唯一対抗するモデルでした。

 

なんか嬉しいですね。

 

ホンダスピリッツを感じるマシンです。

 

前回、そんなホンダの意地をもろに感じる

CBR400Fを紹介したばかりですが、

続けてご案内します。

 




ホンダCBX750F 1983 プロフィール

 

ホンダCBX750F
1983年

 

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:747cc
ボア&ストローク:67.0×53.0mm
圧縮比:9.3
最高出力:77.0ps/9,500rpm
最大トルク:6.50kg-m/7,500rpm
車両重量:217kg
タイヤ:F110/90-16 R130/80-18
価格:\698,000

 

 

ナナハン初の6速ミッションを装備。

空冷インラインフォアとして第3世代のパワーユニットでした。

 

ホンダVF750F(1982年12月)の出現で

風前の灯火(ともしび)かとも思われてた空冷インライン4。

 

水冷のCBR750R(1987年)のデビューまで、

 

カワサキGPZ750R(1984年)、ヤマハFZ750(1985年)、スズキGSX-R750(1985年)の

 

強力な水冷勢に唯一対抗したモデルです。



ホンダCBX750F 1983 意地のポテンシャル

 

レブリミッターさえなければ5速でも11,300rpmをクリアし、

なおも加速を続けるほどのパワフルさを持っていました。

 

CB750Fよりも高回転型の出力特性でありながら、

低速域の特性もしっかりとあります。

 

6000rpmを過ぎてからのパワーの発生は、VFにない魅力でした。



ホンダCBX750F 1983 魅力の車体

 

ポジションにも余裕が与えられており、

VFのレーシーな印象からは異なった方向性で仕上げられていました。

 

フロント16インチのセッティングは、

VFよりはキャスターを起こし気味にして、

より軽快な方向付けとしているものの、

安定感はCBXの方が上回っているよりにも思えます。

 

これは、サスペンション自体の

セッティングの違いに影響されています。

 

油圧タペットやバックトルクリミッター、

TRAC等充実した装備も魅力でした。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング