ホンダMBX50 1982 トップレベルの動力性と低燃費を実現したモデル

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

ホンダMBX50は、

 

トップレベルの

 

動力性能と

 

低燃費を実現した

 

2ストスポーツマシンです。

 

 

直径29mm正立フォークと

 

プロリンクサス、

 

アルミ製コムスターを採用していました。

 




ホンダMBX50のプロフィール

 

ホンダMBX50

1982年

 

水冷2サイクルピストンリードバルブ単気筒
49cc
ボア・ストローク39.0mm×41.4mm
圧縮比:7.3
7.2PS/7,500rpm
0.65kg-m/7,500rpm
79kg
始動キック
前進6速
F2.50-18 R2.75-18
\186,000

 

 

MB5に続く50ccのスーパーゼロハンです。

 

水冷のパワーユニットは

ヤマハRZ50(1981年6月)に

続いてのデビューでした。

 

オールアルミの

ブーメランコムスター・ホイールや、

リアのプロリンク・サス等、

 

50ccとは言え、

グレードの高いモデルでした。



ホンダMBX50の動力性能とゆとりの走り

 

比較的パワーバンドが広く、

扱いやすい出力特性を与えられており、

大柄な車体ともマッチして

ゆったりとした

ライディングも可能でした。

 

'84年4月以降のモデルからは、

60km/h規制もあって

メカニカルリミッターを

採用していましたが、

 

それまでの

フルパワーモデルなら

最高速度90km/hは

可能なポテンシャルを持っていました。

 

体重の重い人にはプロリンクの効果は絶大でした。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング