ホンダVF750セイバー 1982 世界初の水冷V4エンジン搭載

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

市販2輪車用としては世界初の水冷V4エンジンを搭載し、

デジタルワーニングシステムなど先進の

エレクトロニクス技術を応用した装備を備えています。

 

ホンダの新世代V4スポーツモデルの第一弾として登場。

ただし、スーパースポーツではなく、

ソフトな乗り心地とシャフトドライブを採用したツアラー的存在。




ホンダVF750セイバー 1982 プロフィール

 

ホンダVF750セイバー

1982年

水冷4サイクルDOHC4バルブV型4気筒
748cc
72PS/9,500rpm
6.1kg-m/7500rpm
224kg
F110/90-18 R130/90-17
\695,000

 

 

750Fよりも先にケルンショーで発表された

V-FOURメカニズム搭載のロードスポーツモデルです。

 

VF750Sは、750Fとは異なりシャフトドライブを採用し、

ツアラーとしての性格付けがなされていました。

 

とは言っても、CBを上回る出力値とスムーズな出力特性はV-FOURならではもので、
意図もたやすく5速でレッドゾーンを超えてしまいます。

 



ホンダVF750セイバー 1982 凝った作り

 

サブミッションのオーバードライブでのクルージングも中々快適。

 

メーターパネルは750Fと異なり、アナログ(スピード&レブ)と
デジタル(トリップ&タイム/フューエル&水温)のコンビメーターとなっていました。

 

更に、チェックモニターを備え、オイル、充電系、ライト類が確認。

モニター表示は走行中はギア表示に転用される等、非常に凝った作りでした。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング