ホンダVT250F 1982 ヤマハRZ250に4ストで唯一対抗した驚異のVツイン

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

4サイクルGPマシン、
NR500のエンジンの半分といえるV型ツインを積んだ、
2サイクル250スポーツの対抗馬。

 

フロントは、インポートディスク。

1982年6月10日発売。

 

ヤマハRZ250に対抗するスペックを持った、
唯一の4サイクルスーパースポーツモデルでした。

 

DOHC・4バルブV型2気筒の水冷パワーユニット、
プロリンク・サス、フロント16インチタイヤ等、
当時としては画期的なシステムを持っていました。

 




ホンダVT250F 1982 4バルブVツインのプロフィール

 

ホンダVT250F

1982年6月

 

空冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
ボア・ストローク:60mm×44mm
排気量:248cc
圧縮比:11.0
最高出力:35PS/11,000rpm
最大トルク:2.2kg-m/10,000rpm
最高速度:155km
車両重量:149kg
始動セル
前進6段
タイヤ:F100/90-16 R110/80-18
価格:\399,000

 

 

 

250cc世界初となる水冷90度Vツインは、
コンパクト化と高吸入効率を実現したスラント型VDキャブ、
11:0の高圧縮比などによりクラストップの35PSを発揮しました。

 

プロリンクサス、インポートディスク、
クイックなハンドリングのフロント16インチなどの
ホンダの技術を結集した1台。

 

名車ですね。

 

ホンダVT250F 1982 4バルブVツインのポテンシャル

 

ヤマハRZ250に対抗するスペックを持った、

唯一の4サイクルスーパースポーツモデルです。

 

DOHC-4バルブV型2気筒の水冷のパワーユニット、

プロリンク・サス、フロント16インチタイヤなど、当時としては画期的なシステムの採用でした。

 

パワー的には全て互角の出力数値をもったRZ対VTの対決は、

どのバイク誌でも取り上げられ、ユーザーの間でも熱狂的な話題になっていました。

 

RZの瞬発力に対しパワーバンドの有効性で勝るVTの人気は、

ビギナーからも親しまれ、一躍人気モデルとなりました。

 

149kgの軽量と言うばかりでなく、マスの集中化が図られたボディは走行性能に優れ。

旋回性や加速性に画期的な進歩を与えていました。

 



ホンダVT250F 1982 4バルブVツイン GPレーサーNR500より

 

V型のレイアウトは、4サイクルのGPレーサーNR500に習うもので、

理論上の一次振動を打ち消し、高回転化を限りなく可能とする狙いで採用されました。

 

また、バランサーの採用を無くし、重量ハンデを避けることも一理あります。

 

水冷化もパワーユニット自体の熱の歪みを減少させ、

クランクケースやバルブシートの肉厚を薄くできることで、重量の軽減にも寄与するという狙いでした。

 

高出力化には、クラッチ容量の10%増し(従来比)や

パワーロスの軽減化のためにカムチェーンをローラータイプを採用するなど、

徹底した対策が図られていました。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング