ホンダXL250 1975 新しいタイプのオンロードモデル登場

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

ホンダXL250が、1975年に発売されました。

 

新しいタイプのオンロードモデルという触れ込みで、
デュアルパーパスというカテゴリーで発売されたマシンです。

 

デュアル(dual)、つまり二つの目的、
オン・オフ両方楽しめるマシンとして誕生しました。

 

1975年(昭和50年)と言うと、

僕は高校三年生になっていました。

 

この夏、なんと富山から函館まで単身で自転車で走ったのです。

富山から函館まで約1,000キロ。

途中津軽海峡がありました。

当時は、青函連絡船が就航していて、

自転車と一緒に乗り込みました。

 

一日、150キロから200キロ。

今から考えると、良く走ったものです。



ホンダXL250 1975 プロフィールとポテンシャル

 

ホンダXL250 1975
1975年

 

エンジン:空冷4サイクル・SOHC単気筒
ボア・ストローク 74.0mm×57.8mm
排気量:248cc
最大出力:20.0ps/8,000rpm
最大トルク:1.9kg-m/6,500rpm
重量:148kg
最高速:125km/h
登坂力:24度
始動:キック 5速
タイヤ:F3.00-21 R4.00-18
価格\268,000

 

 

 

ホンダXL250は、新しいタイプのオンロードモデル、

としてデビューしました。

 

デュアル・パーパス的な捉え方で見れば、

SL250S(1972年)の方が、
確かにオフ寄りだったといえます。

 

エンジンは、より静かに回転もスムーズとなりましたが、

単気筒らしさと言う点では、
クセのない味わいの薄いものになってしまったのが残念でした。

 

SL250Sに較べ2psのダウン。

 

サスペンションは前後共にストローク量をアップ、

減衰力の効果も向上。

 

SL250Sと較べ、オーバーステア気味と感じる程、

操縦性はニュートラルな印象の設定となりました。

 



ホンダXL250 1975 時代

 

 

フォークグループ、かぐや姫の「22才の別れ」

という曲がヒットした年です。

 

高校1年の時からギターを始め、

特にかぐや姫の曲は、よく弾きました。

 

また、映画ではエマニエル夫人が、ヒットして年です。

 

バイト先の喫茶店の奥さん(当時20代後半)が、
エマニエル夫人役の

シルヴィア・クリステルに似せた髪型にしてきて、

 

まだ高校生だった僕に、どう?
なんて色っぽく聞いたりして、

 

うぶな高校生は、からかわれていたんですね。




  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング