ヤマハスポーツ650XS1 ド迫力の加速感“ペケエス”

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ヤマハスポーツ650XS1
1970年2月発売
空冷4ストOHC2バルブ並列2気筒
653cc
53ps/7000rpm
5.5kg-m/6000rpm
185kg
3.50-19・4.00-18
\338,000

 

 

ヤマハ初の4サイクルエンジンを搭載。
バーチカル・ツインのSOHC・653ccは、その独特なフォルムとビートの効いた鼓動で、ヤマハファンのみならず多くのライダーを魅了しました。

 

重量感溢れるエンジンとは不釣合いな細身のダブルクレードル・フレームは、並列2気筒と言うエンジン幅を生かし、マシンを軽量コンパクトに仕上げる方向性で採用。

既にデビューしていたホンダCB750FOURとは、明らかな違いを見せていました。

 

ぶっとい低速トルクとド迫力の加速感が魅力。

“ペケエス”の愛称で親しまれた名車です。

 

1970年、僕は地元の中学に入学。
剣道部に入部しました。なんで剣道部に入ったのか、
いまでも分かりません。

 

小学校時代は、相撲が好きでしたが、中学には相撲がなく、
もしかして格闘技が好きだったのかもしれません。

 

坊主頭の中学生は、3年間、剣道に打ち込み3年の時には初段を取りまでになりました。




人気ブログランキングへ

クリック応援よろしくお願いします。

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング