ヤマハスポーツGX400 走り出せば青春 僕の原点

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

1978年の秋、大学2年生の僕は、
何を思ったか、自動二輪中型の免許を
取りに行きました。

 

教習所に通っていた頃の記憶は
全くないのですが、

その年の間に上野の中古街に行き、
一台のオートバイを購入しました。

 

それがヤマハスポーツGX400でした。
いきなりの400cc
よく買ったものだと思います。

 

黒いタンクにヤマハの金色のエンブレム。
スポークホイールで、シンプルなデザインでした。




ヤマハスポーツGX400 オーソドックスな外見から意外な軽快さ

 

ヤマハスポーツGX400 1978年

 

空冷4サイクルSOHC2気筒
排気量:391cc
最高出力:37ps/8,800rpm
最大トルク:3.20kg/8,000rpm
車両重量:163kg
価格:32万円

 

※画像は、キャストホイールモデルのGX400SP

 

バランサーを持たない
180度クランクのパワーユニットは、
高回転型で中々魅力あるものでした。

 

時代の流れが激しい変化を
求めていた頃
マシンもその激流のなかで生き抜きを賭けて
様々なアレンジを試みていました。

 

本来ならば、生まれてきたそのままの
スタイルで、存在をアピールし続けていけることが、ベストでしょう。

 

GX400は、オーソドックスなデザインで
ロングセラーを目指したモデルです。

しかし、ライバル車に比べ軽量も手伝い、
意外に軽快な走りでした。


  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング