ヤマハスポーツRZ50 1981 クラス初の水冷パワー・ユニット搭載

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

クラス初となる水冷エンジンは、
安定した吸入気が得られる吸気デバイスYEISを装備し、

90km/hに迫るトップスピードと好燃費を両立していました。

 

タービン製キャストホイールに
カンチレバー型モノクロスサスペンション、

 

本格的ダブルグレードルフレームなど
車体の仕上がりも本格的なマシンでした。

 




ヤマハスポーツRZ50 1981 プロフィール

 

ヤマハスポーツRZ50

1981年6月

 

エンジン:水冷2スト・ピストンリードバルブ単気筒
排気量:49cc
ボア&ストローク:40×39.7mm
最大出力:7.2ps/9000rpm
最大トルク:0.62kg-m/8000rpm
重量:75kg
タイヤ:F2.50-18 R2.75-18
価格:\176,000

 

 

クラス初の水冷パワー・ユニットを搭載しました。

 

当時、カワサキのAR50と共に人気を二分したスーパー・ゼロハンです。

低いハンドルとバックステップ気味のポジションからくる

ライダーへの視覚的な印象は、正にレーシングライクなものでした。

 

 

 

 

ヤマハスポーツRZ50 1981 ポテンシャル

 

ものサスペンションや6速ミッションと言った、

RZ直系の血統を受け継ぎ、クラス最速の性能を誇示していました。

 

イタリックタイプのキャストホイールは、

この当時RZ250/350、XJ750E、XJ400special、XV750にも採用、

ヤマハ車を強く印象付けていました。

 

アッパーやアンダー・カウルもありました。



ヤマハスポーツRZ50 たかが50cc、されど50cc

50ccのモーターサイクルのポテンシャルを知ったのは、
社会人になってからでした。

 

僕は一時、バイクのサークルに入っていました。

 

確か、バイク雑誌に仲間募集が掲載されていて、

僅かな期間でしたが、サークルに入っていました。

 

その中に一人、本格的にレースをやっている仲間がいました。

 

みんなで峠を攻めようと集まって、走ったのですが、
そのレースをやっている仲間は、なんと50ccで参加していたのです。

 

車種は忘れましたが、スポーツタイプでした。

 

しかし、その速いこと速いこと。

 

僕は、当時スズキRG250ガンマに乗っていましたが、
着いていくのがやっとだった記憶があります。

 

ワインディングロードの速さは、バイクの排気量ではなく、
ライダーのテクニックとした瞬間でした。

 

 

 

まとめ

 

1981年僕は24歳になりました。
りっぱな大人です。

 

でも大学は5年目になりまだ就職していませんでした。

どんくさいやつだったんですね。

 

いま振り返ると甘えたやつだったなぁと思う。

 

新人類の先駆けとされるコラムニスト泉麻人(1956年生まれ)は、

 

「前の世代は戦後の貧乏だった時代をまがりなりにも体験している。

しかし、日本が豊かになってから生まれ育った新人類は、
消費活動を楽しむ世代として現れた。」と振り返っています。

 

RZ50にしてもこれでもかと盛り込んだ50ccらしからぬバイクでした。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング