ヤマハスポーツSR400 空冷ビッグシングルの象徴的マシン

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

1978年3月、以降40年近くの

ロングセラーとなる伝説的なマシンが、
ヤマハから発売されました。

 

その時、それだけ長く愛されるマシンになるとは、

当のヤマハのスタッフさえ
思いもよらなかったことでしょう。

 

そうマシンの名前こそ、ヤマハスポーツSR400。

 

ビッグトレールXT500のOHC単気筒をロードスポーツ向けにセッティング。

 

ダウンチューブをドライサンプのオイルタンクとして使用した、
セミダブルクレードルフレームに搭載したビッグシングルのパイオニアでした。

 

エンジンは、同時に登場したSR500のストロークを短縮したものでしたが、
その分、500ccに比べて吹け上がりは軽快でした。

 

1978年と言えば、僕が中型自動二輪の免許を取った年。

僕の最初のマシンは、同じヤマハのGX400でした。

 

しかし、ビッグシングルへの憧れは強く、
その後、よりスポーティーなヤマハSRX400に乗り、
いろんな場所に出かけました。

 

結局、35歳で結婚後、あまり乗らなくなり手放してしまいました。




ヤマハスポーツSR400のプロフィール

 

ヤマハスポーツSR400
エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
ボア・ストローク:87mm×67.2mm
排気量:399cc
最高出力:27ps/7,000rpm
最大トルク:3kgm/6,500rpm
始動:キック 前進5段
最高速度:130km
タイヤ:F3.50-19 R4.00-18

車両重量:158kg

燃費:44km/h
価格:¥310,000

 

 

当時400cc クラスとして

初めての4サイクル単気筒モデルで

注目されました。

 

出力数値では表せない

新鮮な体幹をライダーに与えてくれたんですね。

 

単気筒とはいえ古典的なロングストロークを取らずに、
かなり思い切ったショートストロークを採用しています。

 

だから軽快感あふれる操縦性は、

400ccクラスを意識させることなく、
誰にでも思い通りに操れる爽快感をもたらしてくれました。

 

残念ながらデビューから40年を前に、

昨年2017年9月1日に生産終了の発表が、
ヤマハの公式ホームページで発表されました。

 

しかし、40年近くの間、安定した支持を得られていることも
今や驚くべきことではなく当たり前の方のように思えるほどです。

 

スタンダードモデルとしてばかりでなく

カスタムベースとしても魅力的なマシンでした。




  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング