ヤマハスポーツSR400SP/500SP 1979 熱狂的支持の中マイナーチェンジ

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

1978年3月、以降40年近くの
ロングセラーとなる伝説的なマシンが、
ヤマハから発売されました。

 

発売以来、熱狂的な支持を受けてきた
ヤマハスポーツSR400がマイナーチェンジとなり、
SPとなりました。

 

輸出向けに装着したキャストホイールと
チューブレス・タイヤが新たに採用されました。




ヤマハスポーツSR400SP/500SPのプロフィール

 

ヤマハスポーツSR400SP/500SP
エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
ボア・ストローク:87mm×67.2(84)mm
圧縮比:8.5(8.3)
排気量:399(499)cc
最高出力:27(32)ps/7,000(6,500)rpm
最大トルク:3.0(3.7)kgm/6,500(5,500)rpm
始動:キック 前進5段
最高速度:130km
車両重量:161kg
タイヤ:F3.25-19 R4.00-18
燃費:46(48)km/L
価格:¥340,000(¥370,000)

 

 

フロントタイヤを僅かにサイズダウン(3.50-19→3.25-19)して、

軽快性を加味しました。

 

しかし、逆にキャストホイールが重々しく、

不評を買う結果となり、

マイナーチェンジが失敗だったかもしれません。

 

SR500は、デビュー当時の独自シートを

SR400と共通化し、シートカウルを装着。

 

SR400は逆にSR500に与えられた

グラブ・バーを追加しました。

 

共に共通のフォルムとなりました。

両車の違いは、サイドカバーに与えられた

エンブレムの違いのみとなりました。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング