ヤマハスポーツTX500 オーソドックスな外観と裏腹なレーサー感覚

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

僕は、ヤマハというメーカーが好きで、
乗り継いだマシンは、ヤマハが多かったですね。

 

ヤマハのマシンは、

GX400、

RD250、

RZ250、

SRX400と乗り継ぎました。

 

当時のヤマハは、2サイクルと

単気筒、2気筒にこだわりと

プライドを持ていたように思います。

 

そして、ヤマハ流の美学というかポリシーが感じされましたね。

 

今日ご案内するTX500も僕が憧れたマシンの一台でした。

 

残念ながら、免許の関係で乗れませんでしたが、
いまでも乗りたかったマシンの一台です。



ヤマハスポーツTX500 プロフィール

 

ヤマハスポーツTX500

1973年

 

エンジン:空冷4サイクル・DOHC2気筒
ボア・ストローク 73.0mm×59.6mm
排気量:498cc
最大出力:48.0ps/8,500rpm
最大トルク:4.50kg-m/6,000rpm
重量:182kg
最高速:---km/h
0-400:13.0秒
登坂力:--°
始動:セル、キック 5速
タイヤ:F3.25-19 R3.50-18
価格\335,000

 

 

ヤマハ初のツインカムを搭載したスポーツ・モデル。

 

XS-1(650、1970年)、

TX750(1972年)に続く、

4サイクルモデルの第3弾。

 

73年4月に発売でしたが、

その年の12月には圧縮比を

変更(9→8.5)したTX500Bへと
早急なマイナーチェンジを図られていました。

 

ヤマハは、4サイクルに関しては、

ことの外、慎重だったようです。

 

世はすでに4気筒の時代に入っていましたが、
ヤマハは、あえて2気筒を推し進めました。

 

これには、ヤマハのポリシーがあって、
技術的な革新よりも、仕上がりの緻密さ、正確さを重点に
TX500は仕上げられていました。

 

4バルブのハイメカニズムを量産車で初めて採用しながらも、
駆動には性能比の高いシム調整を採用せず、

 

ロッカーアーム方式を取り入れ、

サービス面での問題を解消していました。

 



ヤマハスポーツTX500 ポテンシャル

TX500は、世界初のICレギュレーター採用し、

ピックアップに優れたCVキャブの採用と
これまでにないハイ・レスポンスな、
エンジン・フィーリングに仕上がっていました。

 

オーソドックスな外観とは裏腹に、
レーサー感覚な感性が生かされた、

 

ヤマハ流の4サイクル・ロードスポーツでした。

リムはアルミ製を使用していました。

 




 

ヤマハスポーツTX500が登場した時代

 

1973年(昭和48年)僕は、僕は高校1年。

実はこの年、僕は記念すべき思い出があります。

 

なんと、僕は住む富山市にウィーンフィルが来たのです。

 

1973年3月24日、富山公会堂にウィーンフィルがやってきました。

 

僕は、どうやってチケットを入手したか、思い出せませんが、
一人で聴きにいったのです。

 

指揮は、もう亡くなりましたけどクラウディオ・アバド氏。
当時まだ30代の新進気鋭の指揮者でした。

 

非筋をビシッと伸ばして、長めの髪を揺らしたその高貴な姿は、
現在でも目に焼き付いています。

 

あれからもう45年経ちますが、現時点でウィーンフィルの実演を聴いたのが
1回限りと言うのは寂しいですね。




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング