ヤマハスポーツTX650 マルチ全盛時代に伝統のツインを継承

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

僕は、ヤマハというメーカーが好きで、
乗り継いだマシンは、ヤマハが多かったです。

 

GX400、RD250、RZ250、SRX400と乗り継ぎました。

 

当時のヤマハは、2サイクルと

単気筒、2気筒にこだわりと

プライドを持ていたように思います。

 

今日ご案内する

TX650も僕が憧れたマシンの一台でした。

 

残念ながら、免許の関係で乗れませんでしたが、
いまでも乗りたかったマシンの一台です。




ヤマハスポーツTX650 プロフィール

 

ヤマハスポーツTX650

 

1973年

エンジン:空冷4サイクル・SOHC2気筒
ボア・ストローク 75.0mm×74.0mm
排気量:653cc
最大出力:53.0ps/7,500rpm
最大トルク:5.50kg-m/6,000rpm
重量:212kg
最高速:185km/h
0-400:--.-秒
登坂力:--°
始動:セル、キック 5速
タイヤ:F3.50-19 R4.00-18
価格\415,000

 

 

'73年4月にスタートしたTX650は、'75年10月には、
フォーク前側にあったブレーキキャリパーを後方へ移し、

排気音の低減と中低速性能の向上をねらった

左右エキゾーストパイプを連結させました。

 



ヤマハスポーツTX650 ポテンシャル

'70年1月にデビューしたXS-1は、

その年の9月には、XS650に名称変更。
更に'71年8月にはXS650-Eと目まぐるしく変化。

 

'73年4月にTX650がスタートしました。

TX750(1972年)やTX500(1973年)の

ツイン・シリーズとの統合が図られた訳です。

 

しかし、マルチの全盛時に敢えてツインの推進を図るに、

XS-1のSOHCを継承するモデルと、

最新のDOHC-8バルブ・ツインとを統合しなければならない理由は、
特に見当たらないように思えました。

 

外観面での統一が、無理やりこのモデルの行く末を案じさせることとなるのですが。。。

 

ところが、暗礁に乗り上げてしまったのはTX750/500でした。

 

伝統のツインを継承したTX650は、

その個性故にマニア・イズムで支持を受け続けて行くのである。

 

排ガス対策のブローバイガス還元装置、マフラー形状変更による騒音対策、
SUツイン・キャブのスロットルバルブの一本化、

バネ下重量の軽減が図られたフロントサス、

 

ブレーキ・キャリパーのフォーク後方へ位置変更、

バンク角を増すためのメインスタンドの位置変更、

70mm短縮されたハンドルバー、Hタイプのタイヤの採用等々、

この年の改良点は意外なほど思えました。

 



ヤマハスポーツTX650が登場した時代

 

1973年(昭和48年)僕は、僕は高校1年。

実はこの年、僕は記念すべき思い出があります。

 

なんと、僕は住む富山市にウィーンフィルが来たのです。
1973年3月24日、富山公会堂にウィーンフィルがやってきました。

 

僕は、どうやってチケットを入手したか、思い出せませんが、
一人で聴きにいったのです。

 

指揮は、もう亡くなりましたけどクラウディオ・アバド氏。
当時まだ30代の新進気鋭の指揮者でした。

 

非筋をビシッと伸ばして、長めの髪を揺らしたその高貴な姿は、
現在でも目に焼き付いています。

 

ああれからもう45年経ちますが、現時点でウィーンフィルの実演を聴いたのが
1回限りと言うのは寂しいですね。




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング