ヤマハスポーツXJ400 1980 Z400FXの独壇場に対抗する最強マシン

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ヤマハが満を持して投入した4気筒の400ccスーパースポーツ。

 

背面ジェネレーターなど当時最新の手法を駆使して

 

コンパクトにまとめられた空冷直4エンジンは、

 

 

電子進角フルトランジスタ点火などの効果もあって、

 

クラス最強の最高出力45psを絞り出しました。





ヤマハスポーツXJ400 1980 クラス最強マシン

 

ヤマハスポーツXJ400

1980年6月

 

エンジン:空冷4ストDOHC並列4気筒
排気量:398cc
ボア&ストローク:51×48.8mm
最大出力:45ps/10,000rpm
最大トルク:3.5kg-m/8,000rpm
重量:176kg
タイヤ:3.00-19、110/90-18
価格:\410,000

 

 

 

 

ヤマハとしては初の400ccクラス4サイクルDOHC4気筒モデルです。

 

独壇場のカワサキZ400FXに対抗すべく開発されました。

 

さすがに後発だけあって、

 

45ps/10,000rpmとクラス最強の出力を発生させました。

 

 

しかもコンパクト化が図られ、

 

ACジェネレーターやセルモーターをパワーユニット後部に配置するなど、

 

2気筒のGX400に較べても僅か3mm増しに収められていました。

 

 

 

まとめ

 

僕にとって1980年の大事件はなんといってもジョン・レノンの銃殺事件。

 

少し前に「ダブル・ファンタジー」というアルバムを

 

リリースしてこれから再び活動しようしていた矢先の事件。

 

 

 

僕はビートルズの中でジョンが一番好きでした。

 

当時のジョンは40歳。

 

自分がとっくにその年齢を過ぎてみるとあまりにも若い死でした。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング