ヤマハYC-1、プレスリーが全米1位に

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

ヤマハYC-1は、YA-1に続くヤマハ第2号モデルです。
1956年(昭和31年)4月20日から29日の10日間、日比谷公園で、
開催された第3回東京モーターショーに登場して一躍注目されたモデルです。

 

YC-1は、1号モデルのYA-1の排気量を拡大した上位モデルでした。

灰褐色の塗色や国産初のモノブロックキャブの採用など、優れたデザインと高度な機能の融合でヤマハのブランドイメージを押し上げました。

 

ヤマハ発動機は、1955年に創業で二輪メーカーでは後発でしたが、YC-1の大好評で5月以降生産台数を大幅にアップして行きました。

 

ヤマハYC-1のスペック

空冷2スト単気筒174cc
10.3ps/5500rpm
1.6kg-m/3400rpm
118kg
3.00-19・3.00-19
¥145,000

 

1956年は前年に引き続きジェームズ・ディーンの遺作“ジャイアンツ”がヒット。アカデミー賞監督賞も獲得しました。

 

またエルビス・プレスリーのハートブレイク・ホテルが、全米で5月第1週から6月第3週まで7週連続1位に輝いています。

 




人気ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング