ヤマハRZ125S 1983 クラス初の水冷のパワーユニットで登場

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ヤマハRZ125Sは、

 

吸気デバイスYEISなどの採用により

 

2PSアップしました。

 

 

ビキニカウルの装着と同時に

 

ハロゲンヘッドライトを採用し、

 

実用性を高めていました。

 

 




ヤマハRZ125 1983のプロフィール

 

ヤマハRZ125

 

1983年

 

エンジン:水冷2サイクルピストンリードバルブ単気筒
排気量:123cc
ボア&ストローク:56.0×50.0mm
圧縮比:6.4
最高出力:22ps/9,500rpm
最大トルク:1.70kg-m/9,250rpm
車両重量:98kg
タイヤ:F2.75-18 R3.00-18
価格:¥265,000

 

 

クラス初の水冷として

 

トップデータのパワーユニットで登場(1982年5月)しながら、

 

ホンダMBX125F(1983月3月)、

 

カワサキAR125(1983月3月)に22psでリードされ、

 

 

その僅か1ヵ月後には、

 

マイナーチェンジにより22psのデーターを

 

稼ぎ出してきたあたり、余裕を感じさせます。

 



ヤマハRZ125 1983のポテンシャル

 

YEIS(Yamaha Energy Induction System)は、

 

シリンダーとキャプレター間にサブチャンバーを設け、

 

混合気の流速の変動を一定にバランスさせるもので、

 

パワーユニットと共に低燃費を図るシステム。

 

 

'83年モデルでは冷却水路にサーモスタットを設け、

 

出力の安定化が図られていました。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング