ヤマハRZ250R 1983 時代を切り開いたマシンのフルモデルチェンジ

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ヤマハRZ250は、
2サイクルロードスポーツの新時代を切り開いた名車ですが、
83年に初めてフルモデルチェンジしました。

 

定評のある水冷2ストツインエンジンは、
排気デバイスYPVSを装備した新型となり、
最高出力も8psアップ。

 

ワイドループフレームや
リンク式モノクロサスなどにより、
車体のポテンシャルも大幅に高められました。

 




ヤマハRZ250R 1983 プロフィール

 

ヤマハRZ250R
1983年

 

エンジン:水冷2サイクルピストンリードバルブ2気筒
排気量:247cc
ボア&ストローク:54.0×54.0mm
圧縮比:6.4
最高出力:43.0ps/9,500rpm
最大トルク:3,40kg-m/8,500rpm
車両重量:145kg
始動方式:キック
ミッション:6速
タイヤ:F90/90-16 R110/80-18
価格:\399,000

 

 

 

 

'82年のケルンショーで
始めてデビューしたRD350LC(国内呼称RZ350)が、
TZのイメージのまま作り上げられていただけに、
大変は反響を巻き起こしていました。

 

RZ250(1980年6月~1982年6月)から
僅か2年半の歳月でも様変わりは、
ユーザーにとっては寝耳に水「そんなの聞いてないよ!」の
声が聞こえるほどの突然のことでした。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング