ヤマハSRX250 1984 シンプルで最軽量にDOHCシングルの強力パワー

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

ヤマハSRX250は、

XT250のパワーユニットをベースに仕上げられ、
発売当初は、クラス最軽量のロードスポーツモデルでした。

 

ライバル車、ホンダのCBX250RS(1983年5月)、

CBX250S(1985年2月)、カワサキ250CS(1985年)といったモデルと共に、

シングルシリンダーのパワーユニットのメリットを生かし、

スリム&コンパクトで扱いやすさを狙ったマシンでした。

 




ヤマハSRX250 1984 プロフィール

 

ヤマハSRX250
1984年

 

エンジン:空冷4サイクルDOHC単気筒
排気量:249cc
ボア&ストローク:73.0×59.6mm
圧縮比:10.0
最高出力:32.0ps/10,500rpm
最大トルク:2.40kg-m/8,500rpm
車両重量:121kg
始動方式:セル
ミッション:6速
タイヤ:F90/90-16 R100/90-18
価格:\379,000

 

 

SRX250は、よりハイパワーを求めるのではなく、
出力特性にも余裕を与え、

 

発進から常用のスピードまで
フレキシブルに対応する動力性能を利点としていました。

 




ヤマハSRX250 1984 虚飾を廃したシンプルデザイン

 

虚飾を一切廃し、シンプルな構造にしたことで、

却って飽きの来ないスタイルに仕上がってして、

好感が持たれていました。

 

SRX250はDOHC-4バルブ、ツインキャブ、

ツインエキゾーストのシングルマフラーと、

 

メカニカル的には凝ったもので、

デビュー当時は、最強のパワーユニットを誇っていました。

ヤマハSRX250 1984

 

ツインキャブと言っても低中速側と高速側を受け持つ、

性格の異なったキャブの2連装で、

特にシングルキャブとの操作感の違いはなく、

 

低速域からの加速感にモタツキがなくなった程度です。

(これも大きな変化ととらえられなくはない)。

 

250Fはハンドルマウントのセミカウル付き。

YPS仕様は鮮やかなイタリアンカラーで注目を浴びました。

 



 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング