ヤマハXV1000TR1 1981 輸出車 こだわりの味付けを持った個性派マシン

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

Vツインをダイヤモンドフレームに搭載し、

モノクロスサス、メンテナスフリーのチェーンなど、

 

新機構を採用したモデルです。

 

 

 

XV1000TR1は輸出車でしたが、

 

国内では、XV750Eと

 

アメリカンタイプのXV750specialが発売されました。

 

 




ヤマハ発動機 XV1000TR1 1981 ハーレーマニアに憶することなく

 

空冷4サイクルOHCV型2気筒
ボア・ストローク:95mm×69.2mm
排気量:981cc
圧縮比:8.3
最高出力:70ps/6,500rpm
最大トルク:8.29kgm/5,500rpm
始動セル
前進5段
タイヤ:F3.25-19 R120/90-18

 

 

国内メーカーとしては初の縦置きV-twinの
パワーユニットを搭載したマシンでした。

 

禁断の実ハーレーの築城を
脅かすものと懸念されながらも、

 

近代的なメカニズムと
純粋なヨーロピアンモデルの走りで、
ハーレーマニアを憶することはありませんでした。

 

 



ヤマハ発動機 XV1000TR1 1981 ヤマハこだわりの味つけ

 

ハーレーの45°に対し75°のレイアウトを持つSOHCは、
爆発間隔を285°-435°と変則の不等間爆発させていました。

 

これには一種のこだわりであり、ヤマハ独自の味付けだったのです。

 

これでスムーズな出力特性とV-twinならではの鼓動を両立させました。

 

その気になれば180km/hオーバーも可能でしたが、

そこまで回して楽しむマシンではなかったですね。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング