ヤマハXZ550 1983 輸出モデルを国内でも余裕のツーリングマシン

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

XZ400(1982年)のベースモデルとして

 

輸出向けに生産されていましたが、

 

国内でも販売されたマシンです。

 

 

XZ400Dと同じくフルカウルを装備して

 

ツーリング志向の強いモデルでした。

 




ヤマハXZ550 1983 プロフィール

 

ヤマハXZ550
1983年

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC4バルブV型2気筒
排気量:552cc
ボア&ストローク:80.0×55.0mm
圧縮比:10.5
最高出力:62.0ps/9,500rpm
最大トルク:4.80kg-m/8,500rpm
車両重量:201kg
始動方式:セル
ミッション:5速
タイヤ:F100/90-18 R110/90-18
価格:\625,000

 

 

 

DOHC-4バルブで、80×55mmの超ショートストロークのV型70°2気筒。
エキゾーストは1シリンダーのデュアルで装備されていました。

 

YICSのサブチャンバーを装備したパワーユニットは、

低中速域のアクセルワークにも小気味よく反応していました。

 

シャフトドライブ機構でしたが、

走っている限り全く気にならない仕上がりとなっていました。

 




ヤマハXZ550 1983 操縦性

 

ハンドリングは軽く、こじる様な操作ではなく、

リーンアングルに対して必要な切れ込みをハンドルが与えてくれ、

ライダーはその支持を受けていれば良かった。

 

特に軽快性が売りのマシンではありませんが、

フレキシブルにコントロール出来るマシンでした。

 

レブカウンターは、10,000rpmからデッドゾーンでしたが、

リミット12,000rpmを軽々と超える実力でした。

 



ヤマハXZ550 1983 高速道路・長距離走行マシン

 

XZ550は、ストレスなく良く回るエンジンを

持ちながらもそれが本来の使い方ではなく、
中速域の力強さを堪能するマシンでした。

 

フルカウル仕様からも高速道路の長距離走行に

適したマシンだった伺えます。

 

僕は、20代の頃、ヤマハのSRX400で

東京と京都間を数回高速道路を使って往復しましたが、

このXZ550だったら快適だったろうなと思わずにはいられません。

 

サスは、リアにモノクロス。

フロントには、アクスルシャフトを後方に位置させた

"トレーリングアクスル(リーディングアクスルとは逆)"と

特徴的なフォルムを形作っていました。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング