ヤマハ ヤマハスポーツYDS2 YDS1を超えるスポーツマシン

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

YDS1を超えてハイスピード化

 

ヤマハ スポーツYDS2
空冷2サイクル・2気筒
排気量:246cc
最大出力:23ps/7,500rpm
最大トルク:2.14kg-m/6,000rpm
車両重量:156kg
最高速度:145km/h
ミッション:5速
価格:\187,000
発売:1962年(昭和37年)

 

 

プロトタイプの250Sでは、最高出力は18psを発表されましたが。
YDS1では、20psに、そしてYDS2では23psへと向上させました。

 

更に、デビューから5ヶ月後にはマイナーチェンジされ、キャブレターは20mmから22mmへと変更が行われ、それによりYDS1を上回るスペックを叩きだしました。

 

加速では、0→400mが15.8秒とYDS1より1秒も短縮。最高速度も+5km/hの出力アップとなりました。

 

またハイスピード化への対応として、フロントにはアルミ製の200mmの防水式2リーディング・シューのブレーキも装備され、そのスポーツ性が向上し磨きが掛かりました。

 



 

世界は東西冷戦、日本は無責任時代に

 

1961年(昭和36年)1月に合衆国では、J・F・ケネディーが大統領に就任します。

 

その時の就任のあいさつがカッコイイですね。

 

 

「同胞のアメリカ国民諸君。国が何をしてくれるかではなく、自分が国に何ができるか問うてもらいたい。世界の同胞諸君、アメリカが何をしてくれるかではなく、人類のためにみんなで何ができるか問うてもらいたい。」

 

 

そして61年8月13日は、ベルリンに壁が作られました。東西の冷戦時代に入るわけです。

 

一方、日本はと言えば、行動成長期で、植木等のスーダラ節などヒットして世相は明るかったようですね。

 

僕はちょうど4才から5才で、まだ未就学児童でしたが、世の中がなんか前進している感は幼心にも思い出します。

 

もしかして日本が一番元気だった時代かもしれませんね。

 

そしてオートバイもハイスピード化、高性能化へと邁進してくわけです。




人気ブログランキングへ

クリック応援よろしくお願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング