カワサキGPZ400Fは、 空冷DOHC-2バルブ並列4気筒という   ベーシックなパワーユニットで、   水冷時代にチャレンジした   ※画像はイメージです   カワサキスピリッツを   ひしひしと感じさせるモデルでした。 カワサキGPZ400F 1983 プロフィール   カワサキGPZ400F 1983年   エンジン:空…

  • 人気ブログランキング

カワサキGPZシリーズの末弟GPZ250は、 ベルトドライブを採用して メンテナンスフリーをうたった ストリートモデルでした。   250FT系のエンジンを リファインし 6psのアップが 図られていました。   このGPZ250は、単に400ccのおさがりではなく、 エンジンは徹底的に改良され、車両関係は申請設計でした。 まさに、カワサキのオートバイ作りの真髄を見るマシンでし…

  • 人気ブログランキング

GPマシンKRのテクノロジーを   投入されたライトスポーツ。     ロータリーバルブとリードバルブを併用し、   クラス初のサーモスタットも装備しています。   カワサキAR125 1983のプロフィール   カワサキAR125   1983年   エンジン:水冷2サイクルロータリーリードバルブ単気筒 排気量:12…

  • 人気ブログランキング

他社の400ccマルチ車のライバルが出揃ったところで、 Z400FXを打ち切り満を持して登場したマシンです。   当時のライバル車は、ヤマハXJ400、スズキGSX400F、ホンダCBX400Fでした。       そのデビューは、リアにはフォローティングタイプの ユニトラック・サス(減衰4段/プリロードは無段に調整可能)を   採用してフレキシブ…

  • 人気ブログランキング

新たなカワサキのフラッグシップスポーツとして登場。   Z1000J系のエンジンをベースに   ボアを広げて排気量をアップした上に、   量産車として初のフューエルインジェクションを採用。     キャブレター仕様では真似のできない スロットルレスポンスを実現しました。   カワサキZ1100GP プロフィールとポテンシャル  …

  • 人気ブログランキング

僕の年齢なら、 高校生の時に自動二輪の免許を取っていれば、 限定なしで乗れたのですが、 あまり興味がなくて取りませんでした。   結局取ったのが、大学生になってから。 でも、もう教習所で取れるのは、 中型までという時代になっていました。   そして、大学生の時に、 限定解除の試験を2回受けに行きましたが、   あえなく、不合格。   ですので、僕は400cc…

  • 人気ブログランキング

Z250FTは、小さくても兄貴分であるFX系のイメージを 巧みに再現した角張ったラインのスタイルが特徴的でした。   フレームは専用で、 空冷SOHCツインを搭載した Zシリーズの最小モデルでした。   非常に乗りやすく ビギナーからの人気も抜群でした。   輸出仕様のB型は 2in1マフラーとスポークホイール、 ドラムブレーキという点が国内仕様とは異なっていました。

  • 人気ブログランキング
1 2 3 6
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング