Z250FTは、小さくても兄貴分であるFX系のイメージを 巧みに再現した角張ったラインのスタイルが特徴的でした。   フレームは専用で、 空冷SOHCツインを搭載した Zシリーズの最小モデルでした。   非常に乗りやすく ビギナーからの人気も抜群でした。   輸出仕様のB型は 2in1マフラーとスポークホイール、 ドラムブレーキという点が国内仕様とは異なっていました。

  • 人気ブログランキング

1977年にCB400FOURが姿を消して以来、 400cc4気筒を望む声は根強くありました。 そのニーズに応えたのがZ400FXでした。   直線基調の大柄なボディに クラス唯一のDOHCマルチの搭載で 空前のヒットモデルとなったのです。   43psを発揮するエンジン特性は、 素直なハンドリング特性との相性も良く、 市街地からワインディングまで走りを楽しめました。

  • 人気ブログランキング

第一次アメリカンブームとして、 各メーカーがアメリカンに力を入れる中、 高い人気を獲得したツインです。   エンジンは、ロードスポーツの Z400をベースとしたモデルです。   この年、コミックからテレビを経て ついに大作映画としてよみがえった ヒーロー「スーパーマン」がこの年、 ナンバー1のヒットとなりました。     また、恐ろしい異星人の代名詞ともなっ…

  • 人気ブログランキング

カワサキ Z 200は非常によくできたモデルです。 “Zシリーズ”で 最小の排気量。   どちらかといえばオーソドックスなスタイリングと 必要以上のパワーを与えない、 実用モデルとしての割り切りを持たせていました。   しかし発売当時は、 まだヤマハ SR 400と500がデビューする前で 4サイクル単気筒としては、最大の排気量でした。   セルとキック併用で、 始動…

  • 人気ブログランキング

1974年10月に引退した 読売ジャイアンツの長嶋茂雄は、 翌年にジャイアンツの監督に就任しました。   しかし、就任一年目の75年は、 球団創立以来、 はじめての最下位に終わってしまいました。   長嶋監督は、 翌年の1976年には 「チャレンジ・ベースボール」を 標榜して、 なんと前年の最下位から 見事リーグ優勝を果たしたのです。   そんな年に 発売されたカワサ…

  • 人気ブログランキング

1976年(昭和51年)。 個人的には、1960年から70年前半に掛けての 政治的な学生運動の時代が過ぎ、 おしゃれで自由な時代になった印象を持っています。   それを象徴するような荒井由実(現松任谷由実)の 4枚目のアルバム「14番目の月」に収録されていた 「中央フリーウェイ」の歌詞です。   当時北陸の田舎の予備校生だった僕に、 おしゃれな都会の風を吹き込んでくれました。 …

  • 人気ブログランキング

1976年(昭和51年)、   この年4月8日付朝日新聞に掲載された ビデオリサーチ発表のタレント人気度調査で、   女性では、大原麗子がトップとなりました。 当時30才。 男性は、渥美清で、 寅さんシリーズの人気が伺えます。   大原麗子さんが亡くなって10年近く経ちます。 綺麗な方で憧れたものです。   でも私生活では、あまり幸せではなかったようです。 …

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング