カワサキのスタートの年1960年

目安時間:約 2分

1960年は、”カワサキ”ブランドの記念すべきスタートの年でした。 川崎航空機を製作する川崎産業を母体として、バイク用エンジンを手掛けたのは1949年頃、初の量産型KE-1エンジンの完成は1952年の事でした。   川崎航空機は、大正8年から航空機を手掛け、BMWエンジンの国産化などにも従事した経歴を持つだけに仕上げや加工精度は群を抜いていました。   カワサキニューエース12…

  • 人気ブログランキング

カワサキ125B7 1961年 ニューエース125の改良型

目安時間:約 3分

カワサキ125B7 1961年発売 空冷2サイクル 単気筒 総排気量:123.5cc 最大出力:8ps/6,500prm 最大トルク:0.95kg-m/5,000rpm 車両重量:116kg 燃費:65km/L 価格:¥130,000     「ニューエース125」をベースに、改良型KB-7ASエンジンの採用と外観のリファインを行っています。   このエンジンは、KB…

  • 人気ブログランキング

カワサキ 500SS マッハⅢ

目安時間:約 3分

カワサキ 500SS マッハⅢ 空冷2スト ピストンバルブ並列3気筒 498cc 60ps/7000rpm 5.85kg-m/6000rpm 174kg 3.25-19・4.00-18 \298,000     世界最速を目指して開発された、カワサキの2スト大排気量モデル・マッハシリーズの初代モデル。   それまでもA1/A7系のエンジンに1気筒を追加するという発想か…

  • 人気ブログランキング

カワサキ W1登場  20世紀の名車

目安時間:約 2分

カワサキ W1 1966年9月発売 空冷4ストOHV2バルブ並列2気筒 624cc 47ps/6500rpm 5.4kg-m/5500rpm 199kg 3.25-18・3.50-18 \328,000     メグロK2型500ccをベースに8mmボアアップしたOHVのエンジンは、4速ミッションとは別体構造で、シリンダーヘッドはアルミ製。   そのルックス、メカニズ…

  • 人気ブログランキング

メグロからカワサキへ、タスキは繋ぐ

目安時間:約 3分

1960年(昭和35年)に目黒製作所が、スタミナK1を発表。   単気筒からバーチカルツインとなったスタミナシリーズ第2弾は、 運輸省届出値を上回る最高速を実測で記録した実力車でした。   しかし目黒製作所の経営は厳しく、この年60年には川崎航空機との提携がなされました。   目黒製作所は、1925年(昭和元年)に創業し、自動車の修理や部品製作を手始めに1937年(昭…

  • 人気ブログランキング

カワサキ500メグロK2は進化の過程

目安時間:約 2分

1965年当時、高回転・高出力のスーパースポーツモデルの 華々しい時代に突入していました。   しかし、大排気量のオートバイらしいオートバイは、国産では少数で、ほとんどが海外からの輸入に頼るしかありませんでした。   そこで英国車のライバルとして作られたのが、メグロK2。   カワサキ500メグロK2 空冷4ストOHV並列2気筒 496cc 36PS/6500rpm …

  • 人気ブログランキング

カワサキニューエース125は、1960年に登場。 1960年は、“カワサキ”ブランドの記念すべきスタートの年となりました。   カワサキは、川崎航空機を製作する川崎産業を母体として、バイク用エンジンを1949年頃から手掛け、1952年に初の量産型KE-1エンジンを完成。   大正時代から航空機を手掛け、BMWエンジンの国産化等にも従事した経歴を持つだけに仕上げや加工精度は群を抜…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング