スズキGSX-Rは、 単体重量7.6kgという 驚異的な軽さを誇る アルムフレームMR-ALBOXに、   フリクションロスの低減や 吸排気バルブの大径化と 徹底的なチューンアップを施した   インライン4エンジンを搭載しながら、 車重152kgと250クラス並みの コンパクトなボディを実現しました。   スズキGSX-R 1984 プロフィール   スズキ…

  • 人気ブログランキング

スズキGS250FW 1983年3月 水冷4サイクルDOHC2バルブ並列4気筒 249cc 38PS/11500rpm 2.4kg-m/10500rpm 157kg 100/90-16・100/90-18 \484,000     市販250cc世界初の水冷DOHC4気筒エンジンは最高出力36PSをマーク。 まるでモーターのようになめらかにレッドゾーンまで回りました。 &nbs…

  • 人気ブログランキング

RG50Γは、 なんと本家RG250Γよりも 僅かに早く「ガンマ」と名付けられていた 50ccスポーツモデルです。   6速ミッション採用の 水冷エンジンに フルフローターサス、 フロント16インチホイール、 フルカウルなど、   50ccであっても ガンマの名を冠するにふさわしい 本格的なメカニズムを採用していました。

  • 人気ブログランキング

GSX400F-Ⅱをベースに、 ヨシムラと共同開発した4in1マフラーを装着。   セパレートハンドルや アルミスイングアームを採用している。   POPヨシムラと言えば 神格化されたエンジニアでしたね。   かっこよかったなぁ・・・。

  • 人気ブログランキング

ハンス・ムート(ドイツの工業デザイナー)による、 もう一台のカタナがGS650G。   国内デビューはGSX750Sより一足早く、 リッター100PSに迫るパワーを出していました。   シャフトドライブ採用などツアラー的な装備を与えられ、 シートやブレーキキャリパーなど、 アクセントカラーのオレンジを随所にちりばめていました。   スズキGS650G 1982 ハンス…

  • 人気ブログランキング

ハンス・ムートのデザインで、 世界に衝撃を与えたGSX1100カタナを 国内向けにしたモデルで、750ccエンジンを搭載。   しかし当時の規制によってハンドルはアップタイプになり、 スクリーンも外され、オリジナルとは大きく異なる スタイルとなってしまいました。   80年代に青春だった僕ら(1955年~60年生まれ)は、 その前の団塊世代とはガラッと違っていました。 &nbs…

  • 人気ブログランキング

スズキGSX400F 1981年4月   エンジン:空冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 排気量:398cc 最大出力:45ps/10000rpm 最大トルク:3.5kg-m/8500rpm 重量:175kg タイヤ:3.25-19・3.75-18 価格:\430,000       スズキ初となる400cc4気筒モデル。   さらにクラス初となる…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 5
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング